【プロが選ぶ】評判のおすすめカジュアルシューズ10選!【メンズ&レディース】

【プロが選ぶ】初心者必見!有名カジュアルシューズ10選!【おすすめの靴】

こんにちは、しょるです。

「オシャレは足元から」という言葉は有名ですが、個人的にも靴からコーディネートを選ぶことが多く、優先順位が高いアイテムではあることは確かです。

今回は、そんな靴選びについて。比較的、ファストファッションが参入しきれていないジャンルということもあり、初心者の方は特に、どこで何を買えば良いのか分からないと思います。

そこで、プロのデザイナーである私が、上記の基準で選定してみました。価格帯も定価数千円で買えるものから、中には8万円程度のものまで幅広くチョイスしました。靴の歴史において重要な役割を果たしたメーカーの代表的モデルばかり。オシャレになりたい人はもちろん、ファッションに詳しくなりたい人も必見です。

しかも、それぞれの項目の下部にはショッピングサイトをご案内しています。定価よりも、かなりお買い得価格で購入できるものばかり&メンズだけでなくレディースも展開しているので、お見逃しなく!

【お洒落になりたい人へ】カジュアルシューズは、この10足がおすすめ!

アディダス:スタンスミス(STAN SMITH)

Amazon 公式HPより引用

最初にご紹介するのが、アディダスのスタンスミス。こちらは「世界一売れたスニーカー」として、ギネス記録にも掲載されているシューズです。

見た目もシンプルかつクラシカルでカッコいいですし、本革のアッパーとラバーソールが程よく高級感もあり、耐久性も抜群の一足。あまりカラフルなものだと、コーディネートの妨げになることもあります。まずは、白い一足を選ぶことをオススメします。

定価は通常モデルで8千円程度。スニーカーの中ではそこまで安くはないと思いますが、本革を使用していることから足に馴染みやすく、歩きやすいので投資の価値はあります。個人的には社会人のオフや、学生がちょっと背伸びして買う一足として、おすすめしたいシューズです。

Amazon楽天市場Yahoo!ショッピングいずれも取り扱いがあるので、ぜひ覗いてみてください!

アディダス(ADIDAS)スタンスミス(STANSMITH)スニーカー
created by Rinker

「ちょっと予算オーバーだな・・・」

という方は、同じくアディダスから出ているアドバンコートベースというモデルもオススメです。

ディティールの高級感は(多少)劣りますが、こちらはスタンスミスの半額程度とお得です。

アディダス(ADIDAS)アドバンコートベース(ADVANCOURT BASE)
created by Rinker

クラークス:デザートブーツ

Clarks 公式より引用

創業1825年、英国を代表的メーカーのクラークス。間もなく200年を迎えるこの老舗は、サイラス&ジェームスのクラーク兄弟が、レザー製のスリッパを発明したところから始まりました。

そんなクラークスを代表するデザートブーツは、カジュアルシューズ界の王道ではないでしょうか。個人的にも愛用している靴の一つです。砂漠を行軍するチャッカブーツに着想を得て、狩猟用として誕生したクレープソールと合体させたタウンユースアイテム。

時代に合わせてマイナーチェンジを繰り返していますが、70年以上販売されているというのも驚き。履き心地が良く歩きやすい点と、様々な服に合わせやすい汎用性の高さが、長年愛されている理由です。

前述のスタンスミスに対し、こちらは「世界一売り上げた革靴」として、ギネス記録に載っている名作です。革靴といってもドレスシューズではなく、カジュアルシューズに属するもの。オフィスカジュアルにもOKなので色々な合わせ方ができます

デザートブーツはカラー展開も豊富。お好きな色をお選びいただければと思いますが、個人的には定番のサンドスエードがオススメです。

オレンジのステッチが特徴的で、デニムパンツにもスラックスにも合います。他にはブラックとダークブラウンも定番色ですが、シーズン毎に限定カラーや変わった素材も登場します。

定価は25,300円(税込)ですが、Amazon楽天市場などで扱われている並行輸入品は半額程度で買える場合も。ぜひ、下記から覗いてみてください!

クラークス(Clarks)デザートブーツ(DESERT BOOT)
created by Rinker

クラークス:ワラビーブーツ

Clarks 公式より引用

クラークスの特徴は、いわゆる「革靴」と比べて、とにかく柔らかく包まれる履き心地。全体的に見た目は「スタイリッシュでカッコいい!」という感じとは真逆ですが、親しみやすさと普遍的な見た目が人気のブランドです。

中でも写真のワラビーブーツは、最も「包み込まれる」感を味わえるカジュアルなモデル。ワラビーとはカンガルー属の有袋類動物で、袋のような見た目が名前の理由。デザートブーツと人気を二分する代表作で、こちらも1966年から発売されています。

デザートブーツよりもカジュアル寄りで、デニムやチノパンといったパンツとの相性が抜群。私がファッションに興味を持った頃、この靴の広告を見て衝撃を受けました。妙にダサカッコよくて、実際に履いてみるとクセになる魅力があります。

こちらも定価25,300円(税込)と高めのカジュアルシューズですが、楽天市場Yahoo!ショッピングなら1万円台で購入できますよ!

クラークス(Clarks)ワラビーブーツ(WALABEE BOOT)
created by Rinker

ドクターマーチン:1460 8ホールブーツ

Image Photo by Dr. Martens

1947年、英国で誕生したドクターマーチン。トレードマークのエアークッションソールは、創業者の一人である医師のクラウス・マルテン博士が負傷兵の為に(軍用物資のタイヤから)考案したことから誕生。

中でもこの1460 8ホールブーツは、ブランドのアイコン的アイテムです。モデル名は、1960年4月1日に生産開始されたことに由来。古くからミュージシャンやファッション業界人、服飾学生などから厚い支持を受けてきたマーチンですが、カジュアルな格好にはもちろん、いわゆる「モード系」から「ゴス」まで合わせられるのは、このメーカーの大きな特徴です。

また、近年はインフルエンサーとのタイアップといった宣伝が功を奏し、メンズのみならずレディース市場も開拓。バッグ類などのアクセサリーも充実しており、トータルコーディネートもし易いブランドです。

定価は26,400円(税込)と高め。しかし、以下の3ショッピングサイトでは1万円台半ばで販売されるなど、かなりお得に購入できます。

ドクターマーチン(Dr.MARTENS)1460 8ホールブーツ
created by Rinker

ドクターマーチン:1461 3ホール

Image Photo by Dr. Martens

1461 3ホールも同じく有名モデルです。脱ぎ履きが面倒という人や、オールシーズン使えるシューズをお求めの方はこちらがオススメ。革もタフですし、ソールもスニーカー並みに減らない万能選手です。

ちなみにホールとは、靴ひもを通す穴列の数を指します。20ホールなんてモデルもありますが、3ホールは短靴なので脱ぎ履きしやすい。柔らかな履き心地とは裏腹にソールも頑丈、長年ガシガシと愛用できます。

また、ドクターマーチンで一点注意してほしいのが、サイズが1cm刻みであること。レースアップの3ホールや8ホールブーツならそこまで気にならないと思いますが、ローファーのモデルは注意してくださいね。

3ホールは定価23,100円。こちらはなんと、並行輸入品が1万円程度で購入できます。私も非常に愛用しているシューズで、迷ったらこれ!というくらいオススメ。

ドクターマーチン(Dr.MARTENS)1461 3ホールシューズ
created by Rinker

次ページでは・・・

「まだまだあります!オススメのカジュアルシューズ」

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!