【自己紹介】“SHOLLWORKS”とSHOLL(しょる)について

“SHOLLWORKS”について

“ファッション”とは何だろう?

皆様はじめまして。しょると申します。

当ページにお越しくださり、ありがとうございます。

突然ですが、ファッションとは何でしょう?

「なくてはならないもの?」

「単なる自己満足?」

「“モテる”ためのツール?」

答えは様々だと思います。

私は上記の感想を、全て抱いたことがあります。そして、私はファッションを服「装」、社会の中に生きる自己を装いによって認識する「自己表現および自己実現の手段」という解を得ています。

私たちは忙しい世界に生きていますが、等しく与えられた時間の中で各々がその消費の仕方を異にする。服や髪型、美容といった「見た目」に一日何時間も費やす人もいれば、0秒の人だっています。

しかし、関わり方は様々ではあっても、私達には必ず“纏うもの”が“纏わりつく”。「衣類」は必需品、そして「ファッション」は人間社会におけるスタイルを表現していますが、衣類とファッションは切っても切り離せない。私たちは、本能として周囲と同調と差異化を繰り返しながら、自己を表現する存在だからです。

人類は有史以来、纏うことで機能性を得て生存してきました。やがて、自己表現の一環として身分や個性を表す「美」や「権威」としてのスタイルを確立させました。今日、私たちはファッションと否応なしに関わるのは、社会に生きるからです。人類を強制的に“社会の人”たらしめるパーツのひとつ。それがファッションという「見えざる見た目の世界」です。

「見た目の世界」を通した自己承認の可能性

私たちの社会は、生存戦略から社会承認、ひいては自己実現へとステージを進めています。

「人生の意味は?」

「幸せに生きたい」

「自分を(もっと)好きになりたい」

誰しも、この様なことを考えたことがあると思います。

「もうっとこうだったら…」

「違う生き方をしたい…」

そう思いながら生きている人も、大勢います。

私もあなたも、おそらく世界一の美しさではありませんが、それでも人生の主役は自分自身です。人間は見た目の美しさが全てではありませんが、自分以外の人生に乗り換えることはできないからこそ、自分を好きになることの意味は大きい。

あなた自身を、あなたの人生のストーリーの主役にする。ファッションはその一要素に過ぎませんが、全く無視できる要素でもないかもしれません。もし、自分をより好きになる可能性を秘めているとするのであれば、少しでも良いから、「見た目の世界」の前で、立ち止まってみませんか。

私は自分が持つ幾許かの専門性をもって、あなたが自分自身を(より)好きになる切欠と、自己実現社会に生きる力になるお手伝いをする。それが私の、「自己実現の手段」ということです。

そんな考えを持った私が立ち上げた“SHOLLWORKS”は、今と未来を素敵に生きる人のためのフィールドです。読者の皆様にファッションの楽しさや奥深さを伝えることにより、服装文化の紹介を通じたファッションリテラシーの向上と、ひいては自己実現に向かう貢献を目的に、作成しました。何卒、ご活用いただけましたら幸いです。

筆者SHOLL(しょる)について

ファッションデザイナーをやっています

筆者である私について、自己紹介させてください。

国内大手メーカーでのファッションデザイナーの経験があり、某コングロマリット傘下の有名ハイブランドのデザインチームに所属していました。ファッションに興味のある層であれば、誰もが知るブランドです。現在はフリーで活動しながら、幾つかの事業にも携わっております。

しかし、そんな私がファッションに興味を持ったのは大学生になってからでした。絵や工作が小さい頃から得意だったものの、同業者の中では極めて遅く、しかも、「最初からおしゃれだった」とかいうオチはありません。それまで、自分で服を買ったことすらありませんでした。

服に興味を持ち始めたきっかけ

大学時代に上京して、一人暮らしをさせてもらっていた私でしたが、暫くは親に買ってもらった服を何も考えずに着合わせ、大学に通う毎日でした。やがて、そんな私に向かって放たれた、

「いつも同じ服装だよね。少しはおしゃれしたら?」

という、知人からの皮肉めいた一言が、ファッションの世界へと入る切欠を作ってくれました。

私は、それまでの18年間、夢や特別に情熱的になれるものがありませんでした。

小学校2年生のとき「将来の夢」について発表があったときは、クラスでただ一人「まだ決まっていない」と発言したことを覚えています。流行りに目もくれず、ただただ真っ白な「じゆうちょう」に絵を描くことや、プラモデル工作などが好きな少年でした。しかし、それらを仕事にする勇気を持てず、ただ何となく中、高、大と通っていました。

言われたときはショックを受けましたが、確かに身だしなみに全く使っていなかった私は、お世辞にもカッコよくはなかったと思います。目の前に明確な改善点が与えられたとき、それが初めて、本当に夢中になれるものとなりました。

その日からは、大学の勉強や部活動もほどほどに、放課後や週末、ときには授業の合間にも都内の街へ行っては“勉強”を繰り返していました。

極めて無謀で無計画だったと思いますが、当時の私は「絵が得意だから、きっと凄くおしゃれになる」などと、根拠のない自信に満ち溢れていました。アルバイトをしては服を買い、試行錯誤を繰り返す日々が続いていたと記憶しています。

文字通り、すべてがファッションを中心に回っていた生活でした。そして、自分が絵が得意で器用であることを顧みたとき、「生み出したい」と思うようになったのは、自然な心境だったのかもしれません。

将来に悩んだ末、決断

しかし、ファッション分野に対して強い情熱を持っていたにも関わらず、どうしても将来を選択に勇気を出せずにいました。「本当にこれでいいのか」という迷いが、私に行動しない理由を与えていました。

家庭環境に由来する価値観と適性のミスマッチも確かにありましたが、何より自分自身の意気地のなさから、自分の将来を決断できませんでした。しかし、「自分にはこの道しかない」という自覚と覚悟が自分を突き動かし、走り出せたのだと思います。

スタートを切れば、もう走り出すしかありません。途中で躓くこともありましたが、結果として(ひょんな伝手から)この世界で生きられるようになります。試行と挑戦の連続は、上手くいったことばかりではなかったものの、好きを仕事にしつつ今日に至ります。

次ページでは・・・

「“SHOLLWORKS”が掲げる、7つのテーマ」

1 2

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!