ブランド力より、良いものを。 SHOLLWORKSは、プロの目線からファッションに関するレビュー&価値観をお届けします。

ソロヴェアー(SOLOVAIR)のおすすめ!マーチンとの比較や購入可能なショップも【東京】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ドクターマーチンとまた違う「大人っぽさ」を求める人へ。

“英国製マーチン”を生産していたソロヴェアー(SOLOVAIR)のシューズは強くオススメできます。

手持ちの4アイレット「ギブソン」
参考価格
33,000円(4アイレット)

こんにちは、しょるです。本日は英国のシューズブランド、ソロヴェアー(SOLOVAIR)について。

検索してこのページにたどり着いて下さった方は、ある程度、ソロヴェアーについてご存じかと存じます。しかし、予備知識なしで上記の写真を見ると「え、マーチンじゃん!」と思われるかもしれません。

確かに実際、ソロヴェアーは“半分マーチン”です。

本日は、ソロヴェアーというブランドとドクターマーチンとの関係性を説明した後に、代表的モデルや手持ちの靴のご紹介、そして、どこで購入できるかも記載させていただきました。

ちょっぴり高めの靴ではありますが、“大人向けのカジュアルシューズ”として結構オススメできるので、ぜひ最後までご覧ください!

目次

ソロヴェアー(SOLOVAIR)とは?

ソロヴェアーを設立した会社は、ドクターマーチンの生産拠点のひとつだった

ノーザンプトン製らしいインソック

ソロヴェアーは、「靴の聖地」英ノーザンプトンに1881年創業した、NPS Shoes Ltd.という企業が1995年に立ち上げたブランド。

ノーザンプトンにはチャーチ(1873年創業)やエドワードグリーン(1890年創業)など、数々の有名革靴メーカーがファクトリーを並べていますが、NPS Shoes Ltd.もその中の歴史あるメーカーのひとつです。

“ソロヴェアー”というブランド名は“空気のソール”を意味する、ソール(SOLE)・オブ(OF)・エアー(AIR)を短縮して読んだことに由来します。

ソロヴェアーというブランドの誕生には、やはり似ている「ドクターマーチン」が大きく関わっています。ドクターマーチンは1950年代、製造にあたりR.グリッグス社という企業と契約を結び、同社が製造特許を保有することとなりました。

しかし、クラウス・マルテン博士やパートナーのフンクは「ドクターマーチン」を欧州全土に広める野心を抱いていたため、当初はR.グリッグス一社による独占に難色を示していたようです。

そこで、R.グリッグス社は仲介として、21の靴製造業者と取引することで製造拠点を広げて生産力を拡大。結果として、ドクターマーチンの創業者二人の信頼を勝ち取った経緯があります。

ソロヴェアーを展開しているNPS Shoes Ltd.は、R.グリッグス社が仲介した生産拠点となったファクトリーのひとつでした。

特に「エアークッションソール」のサンプル製作に成功したことで重要なファクトリーとなっており、1959年から約35年間、“英国製マーチン”を生産していました。

「ソロヴェアー製ドクターマーチン」の多くは、「Dr. Martens by Solovair」という名前で販売されており、私も数度、古着屋などで見かけたことがあります。

1995年“かつてのマーチン”の木型を用いたブランドとしてローンチ

革靴マニアの方であればご存じと思いますが、靴は60年代、70年代、80年代・・・と時を経るごとに品質が低下し、簡素化されていきました。

これは、履く人の数が増えたり、革を鞣(なめ)すタンナーの廃業など様々な原因があるのですが、80~90年代にかけての品質低下は顕著でした(チャーチやフローシャイムなどが証明してくれています)。

同時に、経済のグローバル化によって英国の製造業は大きなダメージを受け、コストカットを理由に「英国生産をやめるブランド」が数多く現れたのもこの時代です。

ドクターマーチンも、90年代にはソロヴェアーなど有名ファクトリーとのライセンス契約を終了させ、2003年には“英国製マーチン”が一次流通市場から姿を消しました。

「〇〇製=品質が高い/低い」という訳ではありませんが、ドクターマーチンは中国やタイで生産されるようになり、事実、革、構造、その他の副資材などのクオリティは下がりました。

一方、ライセンスが終了したNPS Shoes Ltd.は、1995年に「Solovair」という名前を商標登録。起死回生の策は、やはり“ドクターマーチン”でした。

彼らは「ソロヴェアー」ブランドを立ち上げ、マーチンの品質の低下に辟易していたユーザーに対し、「これが皆さんが求めている靴!」といわんばかりの靴作りを行っています。

マーチンの保有する特徴である「イエローステッチ」などは使用できないものの、“より良いマーチン”を求めるユーザーに愛されていることで現在に至ります。

ソロヴェアー(SOLOVAIR)とドクターマーチンとの違いは?

仮に、ソロヴェアーが、ただの“マーチンのコピー品”のような物であれば紹介するに値しません。

しかし、ユーザー目線からすれば、(プロダクトのレベルとして)勝手に悪い方に変わってしまったマーチンに対し、「ソロヴェアーこそ本物」と思うユーザーも少なくはありません。

では、ソロヴェアーと(今の)ドクターマーチンとの差は、具体的にどういった部分にあるのか。簡単にではありますが、幾つか紹介させていただきます。

そもそも、ソールの素材や底付けをしている構造が異なる

半透明のソールで、ウェルトへの縫い付けも分かります

ソロヴェアードクターマーチンの大きな違いとして、まずソールの素材&底付けの構造が挙げられます。どちらも、製法上の区分が「グッドイヤーウェルテッド製法」に属するものですが、中身は大分違います。

具体的には、ソロヴェアーはソールがラバー製そして、出し縫いのシルバーステッチが切れても分解しません。実際には、靴の内部でウェルトに対してシルバーステッチが縫い付けられており、防水性や耐久性に優れています。

その他、ソロヴェアーには靴を保形するシャンク(ソール裏のベージュの板)が入っています。革巻きや鉄シャンクではなく木製ですが、この辺りも本格的な紳士靴の構造になっていることが特徴。

一方、ドクターマーチン合成ソール。そして、黄色いステッチが切れてしまうとソールとアッパーが分離しますが、縫い付け部分が壊れやすく内部も接着剤がべったりで、修理が難しいという欠点があります。

(確かに嘘ではないのですが)このレベルで「グッドイヤー製法です!」は、ちょっと無理があります。ソロヴェアーと異なり(後述の革の件も含めて)あまり長年の使用には向いていません。

ソロヴェアーは、より大人っぽいドレッシーさがある

※スチールトウのモデルは丸っこいです

また、木型によるシルエットの違いも挙げられます。いずれもドレッシーな革靴ではありませんが、ソロヴェアーは現行のドクターマーチンと比べ、やや大人っぽくてスマートな木型になっています。

ここは完全に好みの問題。例えば、80年代のマーチンで特に人気だった「ホワイト社製」は丸っこいフォルムが人気で、ヴィンテージでも定番になっています。

ソロヴェアーは、チャーチのシャノンのような「革靴的なフォルムだけれど大人ポッテリ」感があります。きれいめな服装だけどカジュアルであったり、ややシャープさを感じさせるデザイナーズブランドとのコーデにはちょうど良い塩梅ではないでしょうか。

革質が違う:ソロヴェアーの方が明確に上

ソロヴェアーの革がすごく良いかといえば、正直そこまでではありません。あくまで3万円台の靴やブーツなりだと思います。しかし、現在のマーチンと比べると革質はかなり高いと思います

実際、現行マーチンの革質は“やばい”レベルです。素材の区分上では確かに“本革”ではあるのですが、そこに顔料染め(要はペンキ)で色を塗り、その上からべったりと樹脂を塗っています。

ここまですると本革の意味がないですし、樹脂も塗料もひび割れてアッパーが劣化するので合皮とほぼ変わりません。接着剤を多用しているのも併せて、実際には長年愛用可能な構造になっていないのが、現行マーチンの大きな欠点です。

ステッチのピッチも、ソロヴェアーの方が丁寧

ソロヴェアー(黒)とドクターマーチン(バーガンディー)

アッパーに掛けられたステッチも、ソロヴェアーの方が細かく丁寧。こちらもソロヴェアーが物凄く優秀という訳ではなく、3万円クラスの英国靴なりではあります。

しかし、カジュアルシューズに、本格的な英国靴クラスの製甲や底付けの技術が投下されていることがレア。

ソロヴェアーは、ハーフサイズ毎のサイズ展開

ソロヴェアーはハーフサイズ毎の展開。一方、ドクターマーチンは1cmごとの展開です。

これは、かなり大きいと思います。例えば、私のように「マーチンのUK8では小さく、UK9ではやや大きい」という方にとって、ソロヴェアーのUK8.5サイズがジャストサイズになります。

きつい靴はシンプルに痛いですし、一方で緩い靴は外反母趾の原因になったりします。ドクターマーチンのサイズ感に不満な方は、これだけでソロヴェアーにする価値があると思います。靴のサイズ感は、本当に重要ですよ。

ソロヴェアー(SOLOVAIR)の代表モデルをご紹介!

では次に、ソロヴェアーの代表的なモデルをご紹介

実際はマーチンの有名モデルと「ほぼ同じ」ですが、順を追ってご紹介します。

8アイレット:ダービーブーツ(Dearby Boot)

SOLOVAIR 公式HPより引用

まずは、8アイレット(ホール)ブーツ。ドクターマーチンのかつての「1460」に近いモデル。

ダービーとは、外羽根を意味します。グリーンのプルストラップが目を惹きます。

ソロヴェアー(SOLOVAIR)8アイレット:ダービーブーツ(Dearby Boot)
created by Rinker

3アイレット:ギブソン(Gibson)

SOLOVAIR 公式HPより引用

続いては、3アイレット ギブソン。ドクターマーチンの「1461」に近いモデル。

こちらは固有名詞が付けられています。一足あるとコーデの幅が広がる汎用性高いモデル。

ソロヴェアー(SOLOVAIR)3アイレット:ギブソン(Gibson)
created by Rinker

4アイレット:ギブソン(Gibson)

SOLOVAIR 公式HPより引用

こちらは4アイレット ギブソン。私も愛用しています。

3アイレット ギブソンと異なり、シルバーステッチが表に出ていません。より大人っぽいソロヴェアー。

ソロヴェアー(SOLOVAIR)4アイレット:ギブソン(Gibson)
created by Rinker

3アイレット:チャッカ(Chukka

SOLOVAIR 公式HPより引用

3アイレットのチャッカブーツも展開しています。日本市場でも流通が多い人気モデル。

ソロヴェアー(SOLOVAIR)3アイレット:チャッカ(Chukka)
created by Rinker

6アイレット: アストロノートブーツ(Astronaut Boot)

SOLOVAIR 公式HPより引用

こちらも固有名詞モデル。アストロノートは、宇宙飛行士を指します。

先述のダービーブーツと同じ8アイレットですが、よりシャープなラスト&ステッチパターンも異なります。

こちらの方がよりエレガントで大人っぽいですね。

ソロヴェアー(SOLOVAIR)6アイレット: アストロノートブーツ(Astronaut Boot)
created by Rinker

その他、ソロヴェアーのコラボも存在する

MHL(マーガレットハウエル)

英国を代表するデザイナーズブランド、マーガレットハウエル

カジュアルラインのMHLを中心に、ソロヴェアーとのコラボレーションを2014年頃から定期的に行っています。

アルフレッドバニスター

2021秋冬シーズンには、日本の靴ブランドであるアルフレッドバニスターとのコラボレーションも実現。

写真の通り、アッパーのステッチが白であることが特徴。プレーントウ、モンクストラップ、サイドゴアの三種類を展開していました。

ソロヴェアー(SOLOVAIR)はどこで購入できる?サイズ感は?

東京では、いくつかの店舗で購入可能

ソロヴェアーの取り扱い店舗ですが、東京にはアメ横にあるフットモンキーさんや、COBBLER NEXT DOORさんなどいくつかの店舗で取り扱いがあります。

しかし、(ドクターマーチンとは異なり)各地で買えるかといえば難しいところ。英国ブランドの取り扱いが多いセレクトショップには、置いてあるかもしれません。

「どうしても身近にない!」という方は、(マーチンのサイズ感を参考に)オンラインでの購入が中心になると思います。

オンラインストアは楽天市場やZOZOTOWNなどが充実

ソロヴェアーは知名度に比して、オンラインでの販売がかなり充実しています。

英語が分かる方であれば、公式HPから多種多様なモデルを選べます。また、配送料のことを考えるのであれば、楽天市場ZOZOTOWNなどからベーシックなモデルは購入可能。

(公式HPはこちらから:https://jp.nps-solovair.com/?countrycode=JP

ソロヴェアーのサイズ感は?

中々試せる機会が多くはないので、オンラインでの購入に不安に思う方も多いと思います。ソロヴェアーのサイズ感ですが、結論、一般的な英国靴とほとんど同等です(多少の相性差はもちろんあります)

特に、マーチンとはサイズ感がほぼ同一です。ヒールカウンターの素材やアーチサポートの差はありますが、それが原因でサイズが変わることはないと思います。外羽根で甲が高い方にも対応してくれますよ。

私の場合、ソロヴェアーはUK8.5サイズがベスト。チーニーやチャーチ、ジョンロブ、ロイドフットウェア、バーカーなど、大体の英国靴でUK8.5の標準ウィズ。クラークスのデザートブーツもUK8.5。リーガルやスコッチグレインは26.5cmです。

まとめ:ソロヴェアーは大人に向けにオススメの“マーチン”【メリット/デメリット】

まとめとして、ソロヴェアーのメリットをお伝えさせいただくと、

  • マーチンより“大人っぽい”クオリティ、ちょっと違う感
  • 3万円のカジュアルシューズにして、本格的な英国靴の造りが導入されている
  • ハーフサイズ展開、しっかり作られて長年履ける

というところ。

また、ソロヴェアーのデメリットとしては、

  • リアル店舗で試せる場所が少ない
  • しっかり作られている分、やや重め
  • あくまで“マーチン”ではない

でしょうか。重さはかえって歩きやすい人もいるので一概にデメリットとは言えませんが、特に大きいのが三番目ではないでしょうか。

実際、いくら現行品が高品質とは言えなくとも、ドクターマーチンのブランドとしての功績は大きいです。大分簡素化されたマーチンでも、「パンクなワークブーツといえばマーチン」です。

これは、「トレンチコートのバーバリー」「ジーンズのリーバイス」「ファスナーバッグのエルメス」と同じこと。

もちろん、ソロヴェアーが“偽物”という訳ではありませんが、あくまでマーチンを作ってきたからこそのソロヴェアーであることは間違いありません。

とはいえ、マーチンも値上げを繰り返しているため、2つのブランドの価格がかなり近くなってしまいました。個人的には、アイコニックなブランド力を抜きにしても、ソロヴェアーの方がオススメしたいと思っています。

ソロヴェアーもまた「マーチン」を構成している一部であるからこそ、こういった反骨的なブランド「パンク」らしくて良いのでは?

ぜひ、一味違う、大人のマーチンを試してみてください。

おしまい!

SHOLL(しょる)
皆さまこんにちは。“SHOLLWORKS”運営者のSHOLL(しょる)と申します。

1987年、山梨県甲府市生まれ。国内デザイナーズブランドを経て、ファッションコングロマリットのブランドでデザイナー職を経験。

現在は東京在住、デザイナー含め様々な事業に携わっています。
シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
INDEX
PAGE TOP
目次
閉じる