CATEGORY
相互リンク

Zakさまのブログ「メンズノート」。

30代ビジネスマンのリアルなファッション・ライフスタイルblog

 

たまえさまのブログ

「たまえ、のんびりブログ執筆中。」

20代女子のお出かけや購入品、お気に入りアイテムなどを紹介しています。

 

「SHOLLBEAUTE」は、美容・コスメ製品情報をどこよりも深堀してお伝えするWEBメディアです。

スポンサーリンク

YOOX.COM(ユークス)

SHOLLWORKS(ショルワークス)は、プロの目線からファッションに関するレビュー&価値観をお届けします。

【2022秋冬】ユニクロのメンズでアウトドアコーデ!プロが今期のおすすめ解説

最速で「おかしくない」ユニクロコーデを目指して損をしたくないメンズへ。

プロのファッションデザイナーが、オススメのアウトドアコーデをご紹介します!

Image Photo by Uniqlo

こんにちは。今回は、ユニクロでアウトドア的コーデをしたい人のために、今期のオススメアイテムをピックアップしました。

きれいめ編アメカジ編に引き続き実践編です。「アウトドアコーデをしてみたい!」という方に向けて、具体的に後述したオススメアイテム&相性の良いアイテムで、“おかしくない”コーデをしてもらうための記事です。

アウトドアコーデは、機能性や動き易さが最大のメリット。ワンマイルウェアの需要増もあり、適度な抜け感を持たせつつも、チャレンジしてみたいという方も多いのではないでしょうか。それでは早速参りましょう!

目次

【2022秋冬】ユニクロのメンズでアウトドアコーデ!プロが今期のおすすめ解説

ブロックテックパーカ(3Dカット)

Image Photo by Uniqlo

このアイテムと相性が良い服
エアリズムコットンUVカットクルーネックT(長袖)/ ドライEXクルーネックT(半袖)/ モックネックプルオーバー(長袖)/ ストレッチドライスウェットパンツ / ボアスウェットトラックパンツ / ヒートテックウォームイージージョガーパンツなど

まずは、ブロックテックパーカ(3Dカット)ユニクロ独自の機能性素材「ブロックテック」は、生地の間に薄いフィルムをボンディングすることで防風性を確保しています。

高機能×ユニクロらしいコストパフォーマンスの高さが魅力。特に、最近のものは生地表面に撥水剤を固着させているため、撥水効果が長持ちします。年々進化していますね。

公式には2、3年で~と書かれていますが、個人的な経験では4、5年程で内側がべたつくように&撥水機能も弱まります。いずれにせよ、ずっとは使えないので割り切ってバンバン愛用できる人向け。

防風パデッドコート

Image Photo by Uniqlo

このアイテムと相性が良い服
クルーネックTシャツ(半袖)/ 防風パデッドコート / ユーティリティショートブルゾン / ウルトラライトダウンベスト / セルビッジレギュラーフィットジーンズ / タックテーパードチノ / コーデュロイワイドフィットワークパンツなど

防風パデッドコートは、軽量で動きやすい上に、暖かいという至れり尽くせりな真冬用セミロングコート。表面生地の裏側に極薄フィルムを張った上でポリエステルの綿を詰め、さらには撥水加工まで施されています。

まさに、雨の日も風の日も活躍してくれそう。寒冷地に住んでいる人は、フリース類などをインナーに選ぶとかなりの効果を期待できます。

靴はレザースニーカーも良いですし、オールバーズのウールランナー、雨天時はハンターのレインブーツもオススメ。コーデに合わせて幅広い靴に対応してくれる点も良いですね。

ハンター(HUNTER)レインブーツ/レインシューズ
created by Rinker

ウルトラライトダウンウェーブキルトジャケット

Image Photo by Uniqlo

このアイテムと相性が良い服
ヒートテックコットンクルーネックT(極暖・9分袖)/ ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)/ ストレッチドライモックネックT(長袖) / クレープウールタートルネックセーター(長袖)/ ヒートテックボアスウェットパンツ / ボアスウェットトラックパンツなど

ウルトラライトダウンウェーブキルトジャケットは、見た目的に普通のダウンよりもオススメ度の高いダウンジャケット。ユニクロお得意のライトダウンのステッチをキルティング調にした「味変アイテム」です。

こちらも先述の2着同様、樹脂コーティング&撥水加工による防風および耐水性を確保。さらに、肌面に静電気防止加工を施されているのでヒートテックなどと着合わせるのにも向いています。

軽い分、寒冷地の真冬で愛用する場合は中を着込む必要はあると思います。ファーリーフリースプルオーバーなどと色を合わせるコーデも良いですね。

ファーリーフリースプルオーバー(長袖)

Image Photo by Uniqlo

このアイテムと相性が良い服
クルーネックTシャツ(半袖)/ ウルトラライトダウンウェーブキルトジャケット / ウルトラライトダウンベスト / セルビッジレギュラーフィットジーンズ / コーデュロイワイドフィットワークパンツ / ヒートテックボアスウェットパンツ / ボアスウェットトラックパンツなど

ファーリーフリースプルオーバー(長袖)は、メンズには比較的珍しい肩から着る服で、クラシカルなカジュアル感を演出しながら機能的な面白い服。

アウトドア感満載なだけではなく、アウターとインナーの間に入って保温性を高めつつ、風も通しにくい構造になっています。(昔、森ガールという言葉がありましたが)レディースもチャレンジし易い見た目をしていますね。

先述の、ウルトラライトダウンウェーブキルトジャケットとの相性が抜群。無地Tをインナーに、暖パンをボトムスに持ってくれば、都市部の冬対策は万全ではないでしょうか。

ヒートテックボアスウェットパンツ(丈標準76~79cm)

Image Photo by Uniqlo

このアイテムと相性が良い服
ストレッチドライモックネックT(長袖)/ ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)/ ポケッタブルロングコート / 防風パデッドコート / ユーティリティショートブルゾン / ウルトラライトダウンベスト / ウルトラライトダウンウェーブキルトジャケットなど

冬の寒い季節で機能性を重視する方は、ヒートテックボアスウェットパンツがオススメ。内側がヒートテックの起毛素材で暖かく、しかも動き易さまで確保されたユニクロらしい優秀な一本。

テーパード(膝から裾にかけて細くなるタイプ)ですので、スポーツマンの方など腿が太めの方にもチャレンジしやすいと思います。

アウターは今まで紹介してきたものであれば似合います。靴を機能的な一足にすることで、スポーツウェアコーデにグッと引き寄せられますよ。

ヒートテックウォームイージージョガーパンツ

Image Photo by Uniqlo

このアイテムと相性が良い服
ストレッチドライモックネックT(長袖)/ ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)/ ブロックテックコート / 防風パデッドコート / シームレスダウンパーカ(3Dカット) / ウルトラライトダウンベストなど

ヒートテックウォームイージージョガーパンツは、綿ポリ素材によるキメ細やかな生地感で、タウンユースにもアウトドアにも使えるスポーティーなボトムス。

ワイドシルエット&裾幅はゴムですぼむようにタイトに絞られているのでスポーツ感がありますが、上品な光沢感とスラックスらしい前立てのディテールがタウンユースにも対応してくれています。

Image Photo by Uniqlo

ウエストベルトはポリエステルのテープ&バックポケットもコンシールファスナーで開閉式になっており、「パンツをスポーツウェア的にしてみました!」という印象を与えてくれます。

ユニクロお得意のダウンジャケットやヒートテックのカットソーとの相性も抜群。

自分で“アウトドアウェア”コーデを作る際、心掛けておきたいコツ

【ポイント①】ダウン系×色落ちジーンズよりは、スウェットパンツなどと合わせる

アウトドアコーデで重要なことは、例えばカジュアルシャツや柄物のTシャツ、色落ちしたジーンズと混ぜてカジュアルダウンしないこと。

ユニクロのアウトドア系のアイテムの場合、オシャレに見せるには統一感などを持たせるなど、「ちょっと違うな」というコーデ上の工夫がないと厳しいと思います。

特に、スウェットパンツはスポーツ的なスタイルには重要なアイテム。ボトムスに合うアウターやインナーを選ぶことで、全体的なコーディネートが完成します。

【ポイント②】オーバーサイズのアウター×もこもこフリースで機能性◎

一時期よりは程度が落ち着いたとはいえ、今もオーバーサイズがトレンドにあることは間違いありません。オーバーサイズのアウターは身体との隙間が大きいため、インナージャケットで隙間を埋めるようなコーデが効果的。

そのため、Tシャツとアウターの間にフリースなどモコモコの服を入れることで、厳しい冬の季節も乗り越えることが

自分でアウトドアコーデを作る際、心掛けておきたいコツ

①:ぶっちゃけ、高級感を出すコーデは難しい

出鼻を挫くような話ですが、そもそもアウトドアコーデは高級感よりも機能性が重視されるジャンル。ユニクロで80点のコーデは作れますが、どうしても個々の高級感は高級ブランドと同じようにはいかないものもあります。

きれいめコーデを作るコツと同様に、ユニクロの場合は全身の色数を増やし過ぎないこと。こちらも、色数は基本的に抑え目を心掛けましょう。

具体的には、トップスからシューズまで2~3色を目安に。特に、ボトムスやシューズ選びが普通だと、一気に「ただの服装」になりがちですので注意が必要。

②:ユニクロコーデに+αして、他ブランドを混ぜると一気に“跳ねる”

正直、ユニクロオンリーだと少しだけエネルギー不足感が否めません。だからこそ、あえて「キチンとオシャレをしている」アピールが重要です。

+αを試みるのであれば、ゴアテックス(デサントやマーモット、アークテリクスなど)のアウター、サルゼン(SALZEN)のリュック、コートエシエル(cote & ciel)のバッグなどを混ぜることで、一気に格上げできます。

いずれも決して廉価ではないため揃えるのは簡単ではないものの、かなり良品だと思いますので検討してみてください。

デサント(DESCENTE)ゴアテックスウールブルゾン
created by Rinker
サルゼン(SALZEN)リュックサック/バックパック
created by Rinker
コートエシエル(cote & ciel)メッセンジャーバッグ
created by Rinker

というわけで、今回はアウトドアのオススメアイテム&コーデをご紹介しました。

その他のジャンルも興味がある方は、ぜひこちらから覗いてみてくださいね!

おしまい!

SHOLL(しょる)
皆さまこんにちは。“SHOLLWORKS”運営者のSHOLL(しょる)と申します。

1987年、山梨県甲府市生まれ。国内デザイナーズブランドを経て、ファッションコングロマリットのブランドでデザイナー職を経験。

現在は東京在住、デザイナー含め様々な事業に携わっています。





シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次