【詳細画像あり】ヴァーシュ(VASS)をハンガリーから個人輸入!方法を解説!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、しょるです。

今回は、最高の既成靴であるヴァーシュの公式HP(英語)から、英語が苦手な方でも安心していただけるように、実際に商品を購入してみましょう。

↓前回の記事はこちら!まだの方は読んでみてください!

上記記事で書いた通り、ヴァーシュは本当に素晴らしい靴メーカーです。しかし、東欧ハンガリーのブランドということもあり日本での入手性は極端に低い。しかも、HPが日本語対応していません。

何より、日本国内でのオンライン販売価格は15~16万円に対し、個人輸入だとシューツリー&送料込みでなんと7万円程度です(1ユーロ130円換算)。

「何この価格差。絶対個人輸入するしかないでしょ!」

と思いますよね。私も思います。ここまで国内外で価格差のあるブランドは、ほとんどありません

例えば、エドワードグリーンの場合、英国の公式サイトでチェルシーが約14万5000円(£965、1ポンド150円換算)に対し、三越伊勢丹では19万円程度。ヴァーシュの場合、「日本で知名度はほぼない&ハンガリーとの物価差も大きいけれど、クオリティは非常に高いから15万円程度が落としどころだろう」として、設定されている価格としか思えません

実際、ヴァーシュの靴としてのクオリティは、競合を考えると現在の国内販売価格×2でも良いくらいです(ブランド力は別として)。7万円程度で購入可能なら、今の内に買っておいた方が良いと思います。ハンガリーが経済成長を続けたり、コロナ禍で物流コストがこのまま高騰し続ければ、今のようにはいかなくなりますから。

しかし、英語や個人輸入に不安な方は二の足を踏むと思います。そこで今回は、私しょるが実際に図説付きで購入してみますので、一緒に安心して買ってみましょう。

【詳細画像あり】ヴァーシュ(VASS)を個人輸入!方法&気になる価格も解説!

ヴァーシュは数年前、新宿伊勢丹メンズ館などで8万円程度で購入できました。

伊勢丹メンズ館の靴売り場は基本的に、フロアの入り口から価格帯の安い順に並べられています。8万円程度となると、大体中堅~やや高くらいなのですが、ヴァーシュは(価格に見合わず)例外的に「最も位の高い」スペースにて陳列されていました。

つまり、ハンガリーの人件費が可能にしていた価格提供で、靴の「格」としては、最高峰であることをバイヤーは分かっていた訳です。

現在、ヴァーシュを国内で販売しているショップをほとんど見かけなくなりました。トゥモローランドなどのオンラインストアで少数の取扱があるようですが、現在はなんと定価16万円程度。他の靴ブランド同様に高騰しています(それでも競合ブランドと比べれば格安ですが)。

公式オンラインからの個人輸入が、最もリーズナブルにして確実な手段

そんな訳で、公式HPのオンラインストアから、ハンガリー価格+送料で購入するのが最もお得。

ちなみに、公式HPの決済方法は、

  • paypal
  • クレジットカード/デビットカード

の、いずれかがあればOKです。

 

【画面付き解説!】まずは公式HPにアクセスしましょう

VASS 公式HPより引用

画像は基本的にスマートフォンのものを使用していますが、注文方法はPCも全く同じ。

ヴァーシュの公式HP(https://vass-shoes.com/)にアクセスしたら、写真の“Go to Shop”をタップ(クリック)。

VASS 公式HPより引用

すると、写真の4つのカテゴリーがあります。

それぞれ、

  • READY-TO-WEAR(既成靴)・・・通常の素材(カーフレーザー)の既成靴
  • UNIQUE SAMPLE PAIRS(アウトレット品)・・・製造工程で生じたB品やファイナルセール、旧モデルの売れ残りなど
  • HORWEEN SHELL CORDOVAN(コードバン製の靴)・・・・カーフレザーではなく、ホーウィン社が供給する最高級コードバン
  • ACCESSORIES(小物類)・・・靴クリームやブラシ等の手入れキット入れ

の4種類。

ほとんどの方にとって、READY-TO-WEARがオススメ。ちなみに、“HORWEEN SHELL CORDOVAN”は、米ホーウィン社が供給する、コードバンという馬の臀部にあるコラーゲン層を磨いた革。オールデンが有名ですが、オールデンよりもランクの高いシェルコードバンが使用されています。

コードバン独特の質感は魅力的ですが、切れや水に弱い革。まずは、カーフレザーの靴を揃える方が良いでしょう。

VASS 公式HPより引用

READY-TO-WEARをタップすると、こちらの画面に飛びます。

それぞれ、

  • Model(靴のモデル名)
  • Size(靴のサイズ)
  • Last(靴の木型)
  • Sole(ソールの素材)

で絞ることが可能

また、チェックボックスの“In stock”は在庫アリ商品で即発送が可能なもの。“On sale”は、セール価格で販売中の物をピックアップします。

代表的なモデルや木型ごとの特徴&サイズ感が知りたい方は、下記記事を参考にしてみて下さい。

基本は「サイズ」と「ラスト」で絞って検索する

VASS 公式HPより引用

基本の検索は、サイズとラストを指定すること。どんな手の込んだ靴や気に入った見た目でも、あなたの足のサイズや足型に合わなければ意味のない靴だからです。あなたに合った靴から、お気に入りのデザインや色、ソールの素材のものを選んでくださいね。

写真の場合、Fラスト&42.5サイズを指定。該当するモデルが表示されるはずです。

VASS 公式HPより引用

今回は、ストレートチップのAlt English のFラスト、42.5サイズを注文してみます。

VASS 公式HPより引用

黒字のサイズが在庫アリ、茶色が普段作っているサイズで在庫なし。このときは、42.5サイズも在庫がありませんでした(たまたま翌日に復活)。ヴァーシュはハンガリー・ブダペストの工房で手作りなので、生産量は非常に少ない希少な靴ブランドです。

どうしても欲しいモデルがある場合、茶色のサイズでも選択してAdd to cartすると、バックオーダー(入荷待ち商品の予約注文)が可能。繁忙期を除き、6~8週間程度で製作されて発送してくれます。運が良いと、もっと早いことも。

注意!:シューツリーやスチールトウを付けたい方は、まだ “Add to cart” をタップしないでください。

VASS 公式HPより引用

Add to cart の真下にある、PERSONALIZE YOUR SHOESをタップしていただくと、シューツリーやスチールトウを付けることが可能。

シューツリー24ユーロ(3,600円程度、1ユーロ150円換算)と安いので、チェックすると良いですよ。靴の履きジワを伸ばすことは重要です。

一方、スチールトウに関しては、レザーソールのままが良い方はチェックすることをオススメします。日本の修理店でカスタムしてもらうより安く済みますよ。一方、ハーフラバーを貼りたい方はチェックしない方が良いと思います。私の場合、ハーフラバー&カラス塗りが好きなのでスチールトウは選びませんでした。

ここで必要なオプションを選択してから、Add to cart を押してください。先ほどの赤字の注意書きで記した時点で押してしまうと、カートに靴のみ二足入ってしまっています。その場合、オプションが付いていない方を削除してくださいね。

VASS 公式HPより引用

Add to cart を押すと、上記写真の画面に移ります。改めて、左上のView cart →」を押してください。

VASS 公式HPより引用

カートに入っているものを、もう一度確認。

複数足注文する場合、シューツリーなどの数も確認してみてください。

Shipping(発送)をEU圏外に指定し、住所を入力

VASS 公式HPより引用

下にスクロールをして、発送を選択します。

デフォルトのままですと、Fedex便でEU圏内に発送となっているので、中断やや下にある“Caluculate shipping”をタップ。

VASS 公式HPより引用

すると、国を選択できるタブが出現。

日本にお住まいの場合、Japanを選択。

VASS 公式HPより引用

国の下のタブ(prefecture)に都道府県名、その下に市区町村を入力。

一番下のPostcode / ZIP は、郵便番号を入力すればOK。

VASS 公式HPより引用

Update を押すと写真のようになりますので、下の黒で囲われたProceed to checkout →を押してください。

VASS 公式HPより引用

Last name は苗字、First name は名前を入力。

妻にバレたくないなど、会社に送る際には会社名も忘れずに笑

VASS 公式HPより引用

電話番号、メールアドレスも入力します。

下のチェックボックスは、ニュースレターを受け取りたい方はチェック。

Create an account?にチェックを入れておくと、次回以降の決済が楽になりますよ。

決済に進む前に最終確認、関税分の用意も忘れずに!

VASS 公式HPより引用

もう一度カートを確認。今回は481ユーロ(約62,500円、1ユーロ130円)で購入が可能です。

靴の数と、Shipping の欄が(Outside EU)になっていることを確認してください(日本などEU圏外に送る場合)。

注意して欲しいのが、ここにさらに関税が大体8~9,000円くらいかかります。靴そのものの価格やシューツリー/スチールトウの有無でも前後しますが、トータルで70,000~75,000円くらいあればOK(早く関税撤廃されて欲しいですね・・・)。

(関税に関しては、詳しくはhttps://www.customs.go.jp/roo/origin/jpeu.htmをご確認ください。)

関税部分に関しては、後日Fedexから連絡&請求書が届きますので、別途支払いが必要です。コンビニなどで払えますよ。

決済は、PayPalかクレジット/デビットカードで!

VASS 公式HPより引用

決済方法の選択。

OTP Simple pay というのは、ハンガリーの決済サービス。

基本的にはPayPalを選択してください。クレジットーカード/デビットカードでお支払いされる方も、PayPalにチェックを入れてくれればOK。

 

VASS 公式HPより引用

PayPalでお支払いの方は黄色、クレジット/デビットカードでお支払いの方は黒を押してください。

VASS 公式HPより引用

クレジット/デビットカードの場合、そのままだとアメリカ合衆国になっているため、請求先住所の横の国旗をタップし、ご自身の国に合わせてください。

日本の場合、電話番号の欄に(+81)と出るはずです。あとは電話番号を入力すればOK。

VASS 公式HPより引用

最後に、「今すぐ支払う」をタップして購入完了。

後日、ショップから入力したメールアドレス宛に英語で連絡が来ます。英語が苦手な方は翻訳機能を使用すれば問題なく内容が分かりますよ。

おつかれさまでした!

SHOLL(しょる)
皆さまこんにちは。“SHOLLWORKS”運営者のSHOLL(しょる)と申します。

1987年、山梨県甲府市生まれ。国内デザイナーズブランドを経て、ファッションコングロマリットのメガブランドでデザイナー職を経験。

現在は東京在住、デザイナー含め様々な事業に携わっています。

シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!