【ファッション】の意味とは?「モード」「服」「アパレル」との違いを解説

皆様こんにちは、しょるです。

「ファッション」の世界には、たとえば「モード」「アパレル」「服」といった様々な言葉があります。しかし、これらの言葉の違いはハッキリとはしておらず、何となく使用している人がほとんどだと思います。日本国内だけを切り取っても「ファッション業界」とも言われますし、「アパレル業界」とも言われますよね。

これらはそれぞれ、同じ意味なのでしょうか?

結論、答えはNOなのですが、 本日は、プロのファッションデザイナーがその違いを解説した後、改めてファッションという言葉の意味と範囲を解説して参ります

何卒、宜しくお願い致します。

「ひとはなぜ服を着るのか」 鷲田清一 著 (ちくま文庫)
created by Rinker
目次

「ファッション」≒「モード」、意味は「服」ではなく服「装」

「ファッション」という言葉は、英語ではfashion、仏語ではmode(モード)。(ファッションと同じく)「モードってなんだろう?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、基本的にファッションの仏語がmode(モード)です

そして、ファッションの日本語訳は「服装」。「服」ではなく服「装」です。日本の専門学校、「文化服装学院」の英語名も「Bunka “Fashion” College」です。一方、「服」は英語でclothes(クロウズ)、仏語ではvêtements(ヴェトモン)。ヴェトモンはブランド名にもありますね。

いずれも、「服」と「ファッション」や「モード」とは違う語句であり、明確に違う意味を持ちます。

ファッション=「装」、つまり「ガワ」であり「スタイル」

つまり、「ファッション」と「服」の差は、服装の「装」の部分にあります。

「装」の意味は、

衣服をつけて身ごしらえをする。よそおう。「装をこらす」

とりつける。かざる。

コトバンクより引用

とあります。つまり、服がモノ単体であることに対し、服装は纏う「人」をベースにした視点であることが特徴

ひるがえって、「ファッション」とは(本人含めた)全体の「装い」を指す言葉です。トップスやボトムス、シューズといった個々のアイテムだけでなく、髪やメイク、歩き方や話し方といった「装い」すべてを指します。

ファッションとは服そのものではなく「装う」こと。そして、社会には様々な「装い」が存在します。社会に生きる以上、外部からの様々な「装い」から影響を受けないことは、不可能と言っても過言ではありません。

一般的に「ファッション」と捉えられる服の「装い」=服装から、自分の周りの空間である家庭や地域など日常空間の「装い」、都市や国家の「装い」、価値観や技術革新、ビジネスによって変化するトレンドたる時代の「装い」など、個人から地域、国家、世界全体へと波及し、時を駆けうごめく現象(phenomenon こそ、ファッションの本質です

Fashion is a style that is popular in the present. It is a set of trends that have been accepted by a wide audience. It is a complex phenomenon: psychological, sociological, cultural or economic points of view.

“Fashion as a Dynamic Process”より引用

ここでもう一つ、人間の本質が垣間見られます。ドレスコードに見られるTPOに合わせる行為も、「社会や特定のコミュニティに追随し遵守する」ファッションですが、一方で、人とは違うファッションを提案したり身に纏うことも、「人と自己を差異化する」アンチテーゼとしてのファッションです。

何より、アンチテーゼとしてのファッションが存在するからこそ、上記引用の「 a style that is popular in the present (今現在、人気のある様式)」が、とって代わられる。また、「コムデギャルソン」や「メゾンマルジェラ」といったブランドは、「既成概念をぶち壊す」ことをテーマとしつつ、ポピュラーなブランドとしてのステータスも確立していますよね。

つまり、人は人と同じであることに安心感をおぼえ、共通言語とすることで処世術とする一方、他人とは違う自分であることを志すことで自己承認を行う。この2面的な要素を人間は皆、個人の中に持ち合わせています。パラドックスが「時代の装い」や「環境の装い」に影響され、やがて「服の装い」も変わっていく現象こそ、トレンドが変遷する仕組みです

「モード」という言葉の特別感と「モード系」という虚構

紹介した通り「モード」という言葉は「ファッション」のフランス語です。しかし、フランスはクチュールやプレタポルテの発祥国であり、数々のメゾンを産業として世界中に送り出している。ゆえにモードは「服装」に加え、「流行(の先端)」という背景が強く潜んでおり、「流行」の意味で多用されます。

実際には、ファッションにも「流行」という意味はありますし、使用されます。しかし、斬新さや先鋭さに対して「ファッションだね」というよりも、「モードだね」と表現されることが多い。最先端のクチュールやプレタポルテはモードである。言語に対する「響き」もまた、社会的背景の差と言えます

「モード」の対義語は、原理的な意味でのストリート。その辺の道で発生したような、従来の様式とは違った「お高くとまっていないスタイル」として発進したジャンルです。しかし、ここ数年間はハイファッションによるストリートがモード化するという、まさにモード(ファッション)の定義そのものが、(うごめく性質通り)ぐちゃぐちゃになった時代でした

「モード」は本来の定義からすれば、流行の最先端、さらにその頂点に位置する点の先の先のような部分を指します。つまり、(その時々にはあったとしても)普遍的な「モード系のデザイン」というものはありません。「モード系ファッションはこれだ!」というコンテンツもありますが、モードに一元的な答えを示すこと自体、矛盾に満ちたものです。

人は言葉や映像にしないと、判断できずに不安になる生き物です。だからこそ、「モード系」という言葉が生まれたとき、黒い「ヨウジヤマモト」や「コムデギャルソン」のようなルックをイメージさせる&することで、発信側も受信側も安心感を得ています。しかし、そんなものは虚構でしかありません。

「モード」はあくまで、うごめく様式であり、現象です。「社会」や「恋愛」といった目に見えない要素を可視化するチャレンジが面白くない訳ではありませんが、現実として目の前にある「服」「アパレル製品」とは異なり、「ファッション」や「モード」は、一元的には可視化できないものということです

「アパレル」≒「衣類」、日本では「洋服(既製服)」を指す

「アパレル(Apparel)」という言葉は、エンドユーザーにとって「ファッション」と同じように使用されている現状があります。しかし、元々は「着せる」という英古語に由来し、転じて名詞の「衣類」「衣服」に。つまり、上述の通り「服」がプロダクトに対し、「服装」はモノ単体ではなく様式であるため、「アパレル」と「ファッション」の意味も異なります

衣服。特に、既製服のこと。

転じて既製服業界・ファッション衣料の製造業者などをさす。

「―産業」

Oxford Languages

ちなみに、「Apparel」は米国英語ではしばしば見られるものの、あまり欧州では見かけない言葉です。(過去に高度に工業化された国ゆえに)アメリカでも既製服を指すことが多く、未だにメーカーモデル準拠の終身雇用形態を引きずる日本でも、同じく「既製服」を指します。一方、テーラーやクチュリエが生み出す服は、アパレルとは呼びません。

また、言語の意味は決して1:1で変換されるだけではなく、その言語を主とする国の文化的背景が多分に影響を受けます。つまり、日本での「アパレル」は、(カタカナ語らしく)洋装系の服を指します。和服も「衣類」ですが、アパレルとは呼びません。

「ファッション」「モード」は、人間の心理や社会現象などによって形成される

Fashion is a style that is popular in the present. It is a set of trends that have been accepted by a wide audience. It is a complex phenomenon: psychological, sociological, cultural or economic points of view.

“Fashion as a Dynamic Process”より引用

先述の引用をもう一度。後半部分の“It is a complex phenomenon: psychological, sociological, cultural or economic points of view.”に注目してください。日本語に置き換えるなら、「(ファッション=流行は)心理的、社会的、文化的、経済的な観点からの複雑な現象」とあります。

“Pace Layers Thinking”によるファッション階層の「うごめき」

英語が分かる方は、ぜひ視聴してみてください

「ファッションが複雑な(他の心理的、社会的、文化的、経済的、etc. )「現象」によって引き起こされる」、という言及は、他のソースによっても同様に示されています。有名なものとして、スチュワート・ブランドポール・サッフォによる、“Pace Layers Thinking”という発表を引用させてください。

The Pace Layers idea is illustrated by a simple diagram showing six layers which function simultaneously at different speeds within society. They range from Nature (the slowest) to Fashion (the fastest, shown at the top). As the layers progress, Stewart proposed, their differing speeds help make a society more adaptable. Cultures can be robust and healthy precisely because these layers come into conflict. Each level should be allowed to operate at its own pace, safely sustained by the slower levels below and kept invigorated by livelier levels above. Though originally conceived as a tool for thinking about society, Pace Layers has had broad influence as experts in other disciplines have applied its framework to their areas including consulting and systems thinking. Jeff Veen of True Ventures (formerly Adobe, Adaptive Path, and Wired) recently said: https://gigaom.com/2014/11/18/design-… that Pace Layers provides a vocabulary to think about the stacked layers of contemporary design. Phil Libin, CEO of Evernote, has called the Pace Layers chapter in The Clock of the Long Now “the most profound thing I’ve ever read.”

ざっくりと説明すると、社会は上の写真の通り、異なる6つの層(layer)によって構成され、それぞれが異なるスピードで同時に機能している。層はNATURE(自然)CULTURE(文化)GOVERNANCE(統治プロセス)INFRASTRUCTURE(社会基盤)COMMERCE(商業)FASHION(ファッション)の6段階。

それぞれの層は独自のスピードで推移し、層ごとのスピードが異なることで社会の順応性を担保しています。また、下層から上層へ向けて、順に影響を及ぼしていく。つまり、(一つだけ複雑に、またスピーディーに「うごめく」)ファッションへの適応および理解とは、下層5段階の動きや背景知識の流れの把握も必要になるということです

ファッションの「集団心理」とファッショ(束)、ファシズムについて

たまに、「ファッションはファッショ(束)、つまりファシズムと関連している」という意見を述べる方がいらっしゃいますが、明確な関連性はありません。「ファッショ」は、ラテン語の「fasces(束桿)」に由来する一方、「ファッション」はラテン語の「factio(作り)」に由来し、フランス語の「façon」から英語になった語句。

しかし、ファシズムで有名なナチス・ドイツが国威高揚のために「ブランド」を活用したことは有名です。ナチスのNo.2であったヨーゼフ・ゲッベルスは宣伝相であり、ブランディングのマーケッターです。カッコいいイメージによって、自分たちに優越感を抱かせる。ナチスドイツは、ブランドの力を非常に重視していた組織でした。

「〇〇ブランドを着てる奴はゴミ」

といった意見が散見されます。クリエイターの拘りなのか、ブランドを拠り所とする信者的発想かは定かではありませんが、ファシズム的な思想を孕んだ狭量さだと感じます。良い・悪いの個人的価値観がダメとは思いませんが、最低限の「リスペクト」は必須ではないでしょうか。

「リスペクト」言葉は「尊敬」という意味もありますが、根底にあるのは「他者承認」です自身の価値観にはない存在を受け入れずとも認めること、ファッションの世界にも必要だとは思いませんか。大きな次元のレイヤーからの産物であり、自分が好きではないアイテムもまた、人間社会の産物ですから。

あなたの好きなブランドやスタイルは、好きじゃないもののアンチテーゼによって生まれたものかもしれません。

【おまけ】コスプレは「ファッション」か?

結論、ファッションです。コスチューム「プレイ」に興じる人間を表現したスタイルですから。「架空の世界観に入り込む」という点では現実のレイヤーとは分断されているように思えますが、現実世界から生み出されたコマースの層であることは、間違いありません。先述のレイヤー構造を真とするのであれば、上位次元たるファッションに該当します。

おわりに:「ファッション」「モード」を知るには“社会を捉える力”も必要

今回は「ファッション」という言葉の意味を中心に、「モード」「服」「アパレル」といった言葉も深堀りさせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。

服が好きというのは、ファッションにとっては重要なことです。しかし、服だけ好きでも、ファッションのことは理解できません。ファッションに影響を及ぼす「見えないもの」を捉えられなければ、少なくとも「ファッション」においては、誰かのフォロワーにしかなり得ません。

もし、あなたが「アパレル」ではなく「ファッション」の世界に漬かりたいのであれば、身の回りの環境や地域、国そのものを見つめ、レイヤーを把握してみる行為が重要です。あなた自身を構成しているレイヤーを現在過去未来に対して目を向け、自身の価値観を掴んでみてください

業界に入りたい人も、ただ「オシャレをする」「絵を描く」「ミシンを動かす」だけでなく、レイヤー的な背景から現象として捉え、考えられるクリエイターが求められているのではないでしょうか。学校ではテクニックは教えてくれるでしょうが、あなた自身に関わる背景は、教えてはくれないでしょうから。豊かな感性と表現力を発信できたら良いですよね。

おしまい!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!

目次
閉じる