【2021春夏】ユニクロUのメンズおすすめレビューと着こなし!



目次

【2021春夏】ユニクロUのメンズおすすめレビューと着こなし!

Image Photo by Uniqlo

・クリーンな素材感やディティールのアイテムを優先して買う
・年配層は「過カジュアル」に注意
・ジャージーシャツジャケット、スウェットカーディガン、ワークパンツの3点が特にオススメ

こんにちは、しょるです。

「ユニクロU」2021春夏シーズンが、1月22日に販売開始されました。私も実際に店舗に足を運び気になるものを購入しましたので、今回はそれを踏まえてのレビューです。

ユニクロUの2021年春夏シーズンは、リラックスしたアイテムたちが品のある雰囲気を纏って登場。カジュアルなアイテムたちは綿密な素材感で作り上げられ、色彩は春の陽気のようなカラーリングが中心に。

トレンドカラーの兆しがある淡いピスタチオグリーンをはじめ、ナチュラルベージュ、赤みがかったブラウンなど、くすんだ明るめの色が中心。定番アイテムの新色カラーと合わせて、コーディネートの差し色として使えるアイテムもご紹介します。

また、今シーズンはニューノーマルの時代にも則しつつ、外でも着られるラインナップとのこと。全体的にあり得ない!という程のアイテムはありませんでしたが、20代後半以降のお兄さんが着こなすには、ちょっとした注意点があります。

(実体験ですが)「自分は若いって言われるから大丈夫!」とか幻想ですからね、はい。

そんな訳で早速、見て参りましょう。

大人の男性へ:春夏は「過カジュアル化」に注意

先にお話しすると、「ユニクロU」は中間色が多く、大人な顔に対比して服がぼんやりとしがち。30代の男性ならばカジュアル感の強いor中間色のアイテムは、クリーン&濃色なアイテムとコーディネートしましょう。

カジュアル感が強いものだけで組み合わせると服装が子供っぽくなってしまったり落ち着いた中間色だけでコーディネートすると全体的にぼんやりして見えます。いずれの場合も年齢に合わないコーデによって、清潔感を失って老けて見えます

カジュアルなアイテムやカラーそのものが、ダメと言っている訳ではありません。ピシッとしたクリーンなアイテムと組み合わせることで、年齢に合った適切な清潔感を演出できますよ。

Image Photo by Uniqlo

いずれにせよ、もし、あなたが一般的な人で、手っ取り早くレベルアップしたいのであれば、一先ず過カジュアル化は避けて下さい。

特に30代からの男性は、上下でシワ感×シワ感、カジュアルなカラーやディティールのアイテムで固めたそれは、過カジュアル化を引き起こします。どこかで引き締めるバランスをとった方が、あなたの顔や雰囲気に馴染んで良く見えますよ。

【2021SS】ユニクロUのおすすめ!アイテムとコーデ案をご紹介!

カットソーは、定番アイテムのトレンドカラー&新色を見逃すな!

ユニクロUは丸5年も続いているラインなので、定番も出来上がっています。中でもカットソーは長く展開されていて価格も安く、差し色としてもチャレンジし易い。一枚は持っていて損はないアイテムですよ。

クルーネックT(半袖)

Image Photo by Uniqlo

・ベーシックなアイテムを好む人に
・体型に自信のあるメンズや、メンズアイテムを大きめに着たいレディース向け
・トレンドカラーを差し色にするのも◎、30 NATURALや新色の68 BLUEは万人に合うカラー

ジャストサイズの半袖カットソーは、最もベーシックにして至高のアイテム。生地感はやや荒目でカジュアルな雰囲気ですが、ビジネススーツのような過度にドレッシーなアイテムでなければマッチします。もちろん、後述のカーディガンやボトムス、アウターまでOK。

もし、インナーにトレンドカラーを使いたい場合は、27 ORANGE52 GREENなどの中間色を、ここで使用するのも良いですね。あるいは30 NATURALも、優しい色目で良いですよ。

Image Photo by Uniqlo

もし、パッとした色は苦手だな…という方は、68BLUEもオススメ。ネイビーは色相環的に「青紫」ですが、こちらは(あるようでなかなかない)「青」。後述のアースカラーのチノパンとも相性が良いですし、スリムフィットストレートジーンズの黒にも合わせ易いカットソーです。

オーバーサイズクルーネックT(半袖)

Image Photo by Uniqlo

・トレンド感を重視する人や、体型に自信がない人向け
・生地が細やか&五分袖で、カジュアル過ぎない印象
・これ一枚で、夏も乗り切れる

先のクルーネックTと異なり、こちらはトレンド感満載のアイテム。オーバーサイズなシルエットを、半袖という名の5分袖&細かな綿の生地感で、老若男女が着れるバランスに仕立て上げています。

体型カバー力も高いので、夏の一枚に最適(とはいえ、お腹「だけ」出ている体型の人は、生地の艶感が出ている部分を目立たせてしまい、却って清潔感を失わせてしまいます。今の時期から頑張りましょう)。

エアリズムコットンオーバーサイズTシャツ(5分袖)

Image Photo by Uniqlo

もう既に発売しているアイテムですが、昨シーズンも話題沸騰した革新的アイテム

あまり説明の必要がなさそうですが、エアリズム最高!という人や、ポケットなんていらねーぜ!という方にピッタリ。単に安いだけではなく、「ユニクロを敢えて選ぶ」アイテムというのが、精神的にも気持ちが良い選択になると思います。

写真のカラー、37 BROWN良いですよね。特に、パンツを濃色にする人にとってはオススメのカラー。

ジャージーシャツジャケット:一枚は持っていて損のないアイテム

Image Photo by Uniqlo

・一枚は持っておいて損はない、クリーンなアイテム
・昨春夏シーズンよりも厚地に、マーセライズト加工された綿ツイルによって、しっかりした光沢感あるアイテムに
・ボトムスは年齢に合わせて

実際に触ってみて、かなりの良アイテムでした。春先のアウターとしても、夏の夜の羽織にも使える一枚だと思います。

ジャージー&シャツジャケットというカジュアルな素材&アイテムを、マーセライズドされた光沢感あるツイル生地と、クリーンなディティールを採用することで好バランスな一着に。

まさに、今シーズンのユニクロUを代表するかのようなアイテム。

Image Photo by Uniqlo

こちらも、新色の68 BLUEがとても良い感じです。

同色のカットソーと合わせたり、写真のようにインナー&ボトムスを黒にすると、シンプルなベーシックカラーによる二色コーデに。大人っぽさを引き立てます。

長ズボンならカジュアルなデニム感のあるレギュラーフィットジーンズ、インラインのスマートアンクルパンツも良いですね。あなたの見た目や年齢に合わせて合わせる物を調整してあげると、年齢にピッタリなコーディネートになりますよ。

 

Image Photo by Uniqlo

袖先のカフス部分がなくなり、裏地とステッチだけになりました。こういう特徴的なディテールがインラインにはない魅力。

イエロー系の35 BROWNも、ブラックと相性のいいカラーです。(68 BLUEもですが)下記の記事で紹介している、サンドスエードのデザートブーツワラビーといいねとの組み合わせも良いですね!

スウェットカーディガン:期待通りのマストバイアイテムだった

Image Photo by Uniqlo

・期待通りの良アイテム
・生地の滑らかさ、厚すぎない生地感
・生地特性を最も発揮していたのは、32 BEIGE

写真のようにインナーにカットソー1枚も良し、シャツやトラウザーズと合わせてドレスアップも良しの、とてもバランスの良い一品。部屋着でも外着でも良いですね。

ベースとなるアイテムやシルエットはカジュアルながら、生地感やステッチの位置でとてもカッコよくなっています。前立ての広さも、どこかラグジュアリー感がありますね。

実物は32 BEIGEが最もツヤ感ある生地の特性を活きています。ブラックは濃いグリーンに近い薄めの黒で、綿素材によくある染色です。ブラウンはかなりオレンジが強めな色味なので、気になる方は実店舗で確認した方が良いと思います。

Image Photo by Uniqlo

このカーディガンは、スウェット素材で作られながらもキメ細やかで品のある印象。ボタンもぱっと見の安物感がなく、カジュアルなアイテムと合わせてもクリーンに纏まりますので、大人の男性にこそ着て欲しいアイテム。

例えばインナー類と合わせる場合、30 NATURAL33 KHAKIなどのカットソーやシャツとのトーンオントーン(同系色)で合わせるのが王道。あえて(ネイビーよりも黄味がある)68 BLUEとも濃淡差が生まれつつ、メリハリの利いたコーデになります。

Image Photo by Uniqlo

ブラックなら、エアリズムコットンTモックネックプルオーバーに使用されている10 PINKや、37 BROWNなどがお互いを引き立てつつ、素材感もカジュアルにならなさ過ぎて◎。落ち着いた、大人のオシャレ配色です。

レギュラーフィットワークパンツ:ユニクロ史上、最高のワークパンツ

Image Photo by Uniqlo

・ユニクロ史上、最高のワークパンツ
・チノパンなのに、ドレスパンツのようでもあるディティール
・オリーブグリーンは超おすすめ!

こちらも期待通りの一本。昔からインラインのヴィンテージチノは結構良いのですが、ノータックのスリムフィットチノはディテールの高級感がもうひとつでした。そういう意味でも、需要を満たしてくれます。

いわゆるデザイン物」なので好みは分かれると思いますが、個人的に逸品だと思います。センタープレスがあり、表面にボタンがないこと、ステッチの位置からもクリーンな一本になっています。ベルトループの太さも、なかなか大胆ですよね。

Image Photo by Uniqlo

このパンツは、79サイズで股上27.5、裾幅20.5、渡り幅35.5と、数値上は決して細身ではありません。しかし、短めの丈やセンタープレスといったクリーンなデティールやなよって、おじさん臭くならない。短めの股下も、若々しさを演出します。

股上はやや深め(ハイライズ)なので、ウエストの実寸を元に選択してください。特にお腹が引っ込んでヒップがあるような人は、いつものミドルライズなどとサイズ感の差に注意してくださいね。

Image Photo by Uniqlo

このパンツならば、今期のシャツ類と合わせてもカジュアル過ぎず、インラインのチノと合わせた場合よりもクリーンに纏まります。おすすめは、オリーブのパンツに写真のリラックスフィットシャツ11 PINKを合わせるコーデ。トーンが落ち着いていると不思議と綺麗に収まりますよ。

リラックスフィットシャツは、30 NATURAL63 BLUEも合うので、お好きな組み合わせをトライしてみて下さい。ちなみに、「カジュアル化しすぎないように!」と言っても、ビジネスシャツは合わせないでくださいね。台襟の高さや硬さ、着丈の長さで、雰囲気が損なわれてしまいます。

その他、気になる注目アイテムもレビュー!

フーデッドコート:似たものを持っていない人は、買っても良いアイテム

Image Photo by Uniqlo

・全てに軽さを優先したディテール
・カラーは07 GRAYがオススメ
・フードのドローコードだけ気になった

結論、まあまあ良かった。気になる生地感はハリがあって、安っぽくもないので悪くないと思います。ナイロンが57%なので、畳んでカバンに入れておき、春夏の夜やちょっとした雨風にも良い素材ですね。

中のディテールが少な目なので9,990円という価格に対して良いかは微妙なラインですが、そもそもユニクロ自体がコスパ凄いので、同じようなものが無ければ買いだと思います。

色はやはり、07 GRAY が良かったと思います。汚れないだけでなく、上のオリーブのワークパンツなどとも相性抜群だったりインナー類のライトカラー主体のコーデを引き締めてくれます。

Image Photo by Uniqlo

フードのドローコードは軽さを優先したとおもいます。ちょっとチープなので、取ったり差し替えても良いかもしれません。大きく着たいレディースもOKです。ただ、ウエストを絞るコードがないため「絞りたい!」という方には向かないと思います。

Image Photo by Uniqlo

一方、レディースを着たい男子であれば、こちらのトレンチコートに手を出すのもアリです。ドレッシーに纏まるので、セットアップのオーバーコートにも、カットソーのアウターにも良いですね。

気になるサイズ感はメンズにしてはやや裄丈が短め。とはいえ着丈、身幅共に十分にゆとりがあります。昨年も思いましたが明らかにユニセックスを意識していますよね。

beautiful people 路線!

トラッカージャケット&デニムパンツ:脱「総書記ルック」に挑戦してみます??

Image Photo by Uniqlo

似合えば破壊力の高いルックですが、導入ハードルは高いですよね。一言でいうなら、完全に総書記ルックです。写真のアフリカ系の方が着られると、そうでもないですが・・・。潜在的に「チャレンジして着てみたいけど、似合わないかもなあ・・・」と思われている方が多そうなアイテム。

Image Photo by Uniqlo

アイテム自体に魅力はあると思います。色も、ヴィンテージデニム調の黄味掛かったブラウンやブルーが展開されており、生地感も今のデニムのような平滑さがない。ユニクロでも12、3年ほど前にこの様なブルーのジーンズを発売していましたが、今思えば結構わざとらしいディティールでした。

ディティールがとてもスマート。ポケットのデザインが秀逸だと思います。色々な部分でフランスらしい一品に仕上がっていますね。

Image Photo by Uniqlo

そんなデニムのセットアップと合わせるアイテムで個人的にオススメするのが、ワイドフィットスタンドカラーストライプシャツ。例えば青のデニムには30 NATURALを、黄色のセットアップには08 DARK GRAYを合わせると、ナチュラルさも保持しつつ、セットアップになることで引き締まります。

それでもハードルが高い!という方は、両方買って春はボトムスを濃色に、夏はデニムパンツとエアリズムコットンTを合わせるコーディネートも良いですね。デニムの微かなタテ落ち感と、生地の表情が無地のTシャツを引き立ててくれますよ。

おわりに:「クリーンなアイテム+カジュアル」でコーディネートが良い

Image Photo by Uniqlo

いかがでしたでしょうか。

春夏物はどうしても素材感が軽く、カジュアルな雰囲気になりがちです。さらに淡色~中間色も多くなるので、普段ダークカラーに慣れ親しんでいるメンズの皆様にとっては、なかなか違和感があって、ハードルが高くなると思います。

そんなときはまず、今回挙げたようなクリーンなアイテムを入れてあげると引き締まって違和感がなくなります。カラーも一色だけ軽いものを持ってくるのも、導入しやすいのでオススメ。

それでは本日はこの辺で。

もし、少しでも良かったと思って下さったら、Twitterのフォローやシェアもお願いします!

おしまい!

(+Jのレビューに関してはこちら



この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる