ブランド力より、良いものを。 SHOLLWORKSは、プロの目線からファッションに関するレビュー&価値観をお届けします。

【英国】メンズスーツブランド9選のランキング!有名、一流、高級の格付けもご紹介!

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、しょるです。

こちらでは、英国のスーツブランドをご紹介させていただきます。

↓他国のメーカーも見てみたい方はこちら!

英国はスーツの発祥といわれる国。特に、テーラーの聖地と言われるサヴィルロウは、日本でスーツを意味する「背広」の語源にもなったという説もあるほど。

日本に英国のファッションが本格的に紹介されたのは1980年代に入ってからですが、スーツの歴史の中心地に立ち続けてきたことは間違いありません。

また、英国の有名スーツブランドの特徴として、ビスポークと既製服で価格帯が大きく異なることが挙げられます。

これは、1990年代頃からの「ニュービスポーク」という動きで、サヴィルロウの名店といえどビジネス形態を見直さなければならない程に、既製服が当たり前になったということ。

その分、既製スーツは比較的入手し易くはなっていますので、ぜひご一読ください!

目次

【英国】メンズスーツブランド9選のランキング!有名、一流、高級の格付けもご紹介!

第一位:ハンツマン(HUNTSMAN)

HUNTSMAN 公式HPより引用

参考価格
400,000円(既製服)

ハンツマン(HUNTSMAN)は、サヴィルロウの中でヘンリープールと並ぶ最高峰のテーラー。創業1849年、スーツの歴史と共に歩んできたテーラーは、王侯貴族やエグゼクティブを中心に顧客を抱えています。

既成スーツも購入可能。英国のスーツブランドは既成服の価格を抑えるところもありますが、ハンツマンの場合は30~40万円程度がプライスゾーン。

既成でもオーダーメイドでも、英国の最高峰に位置付けられるブランドです。あなたが本当の服好きならば、ハンツマンの一つボタンジャケットは必見。

第二位:ギーヴス&ホークス

The ROYAL WARRANT HOLDERS より引用

参考価格
170,000円(既製服)

ギーブス&ホークス(GIEVES&HAWKES)は1975年に誕生したテーラー。1785年創業の「ギーブス」、1771年創業の「ホークス」というサヴィルロウの名店が合併したことにより誕生しました。

現在もサヴィルロウを代表するテーラーとして君臨しつつ、ジョージ3世の頃から二百年余に渡り、英国王室御用達(ロイヤルワラント)認可を受けています

ギーブス&ホークスもまた、超一流のオーダーメイドと、ブランドの普及としての既製服を両輪で展開しています。既製服に関しても、後述のサヴィルロウのテーラーよりも高めの価格帯となり、日本円で10万代後半~20万円程度。

第三位:ティモシーエベレスト(Timothy Everest London)

大賀(ohga) 公式HPより引用

<参考価格>100,000円(大賀製)
レア度:4 out of 5 stars (4.0 / 5)
クオリティ:3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
おすすめ度:3.3 out of 5 stars (3.3 / 5)

ティモシーエベレスト(Timothy Everest London)は1989年、ティモシー・チャールズ・ペト・エベレストによって立ち上げられたテーラー

1990年代以降のスーツに対する消費者の変化を感じ取り、従来の職人技にファッションの要素を導入。プレタポルテ(高級既製服)市場に進出した「ニュービスポークテーラー」として知られます。

ビスポークに関しては40万円程度がボリュームゾーン。日本市場の流通分は大賀というメーカーが製作しているライセンスブランドですが、大賀は技術力あるメーカーで10万円というプライスに対して、決して悪いスーツではありません。

第四位:リチャードジェームス(RICHARD JAMES)

RICHARD JAMES 公式HPより引用

<参考価格>125,000円(既製服)
レア度:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
クオリティ:3 out of 5 stars (3.0 / 5)
おすすめ度:3 out of 5 stars (3.0 / 5)

リチャードジェームス(RICHARD JAMES)は1992年、英国・サイヴィルロウにオープンしたブランド

上述のブランド同様、時代の流れに即したコンテンポラリーなラインと、サヴィルロウのテーラーとしてのクラシックなラインを融合させた展開が特徴。いわゆる、「ニュービスポーク」に属する現代型スーツブランドのひとつ。

歴史の深いテーラーという訳ではないものの、ビスポークとしてのクオリティは屈指の実力派。日本市場から撤退しているものの、グローバルなECストアにて購入可能。定価10万円余のプライスで購入できるため、コスパは高いと思います。

第五位:ダンヒル(Dunhill)

dunhill 公式HPより引用

<参考価格>242,000円
レア度:3.5 out of 5 stars (3.5 / 5)
クオリティ:3.4 out of 5 stars (3.4 / 5)
おすすめ度:3 out of 5 stars (3.0 / 5)

ダンヒル(dunhill)は創業1893年。ロンドンを代表するブランドの一つにして、宝飾品が中心のリシュモングループにおける、数少ないメンズクロージングブランド

元々はエルメスと同じく馬具専門店として始まり、自動車の時代の到来と共に、旅行をイメージさせるメンズウェアを展開したことで、一躍大人向けのブランドとして知名度を上げました。

現在も高いブランドイメージによるラグジュアリー感が特徴で、ビジネス&ビジネスライクなトータルファッションを提案しています。

スーツに関しては、デザイナーズブランドらしく生産性を重視したマシンメイド率の高いスーツ。しかし、生地や副資材に高級感があり、フィッティングも決して悪くはありません。

また、サッカー日本代表のオフィシャルスーツも提供しており、スーツやネクタイなどを毎年「SAMURAL BLUE COLLECTION」として発売されています。フットボール好きにも良いブランド。

第六位:マーガレットハウエル(MARGARET HOWELL)

MARGARET HOWELL 公式HPより引用

<参考価格>121,000円
レア度:3 out of 5 stars (3 / 5)
クオリティ:3 out of 5 stars (3 / 5)
おすすめ度:3 out of 5 stars (3 / 5)

マーガレットハウエル(MARGARET HOWELL)は1970年、メンズシャツから始まったデザイナーズブランド。英国的でタイムレスなラインナップが魅力で、クラシカルなトータルウェアを展開しています。

日本の株式会社TSIが親会社となっており、布帛製品は日本製や中国製が中心。スーツに関しては、英国を代表する生地メーカーである、フォックスブラザーズの生地を使用したものが有名。

クラシックでタイムレス、都会的というよりはナチュラルで、どこか抜け感があるスタイルが好きな人に向いています。

第七位:アレキサンダーマックイーン(ALEXANDER McQUEEN)

<参考価格>528,000円
レア度:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
クオリティ:3.2 out of 5 stars (3.2 / 5)
おすすめ度:3 out of 5 stars (3.0 / 5)

アレキサンダーマックィーン(ALEXANDER McQUEEN)は、英国を代表するデザイナーズブランド

創業者リー・マックィーンは1992年に自身のブランドをスタートし、輝かしい功績を残した英国屈指のデザイナーでした。

リー・マックィーンは2010年、40歳という若さで帰らぬ人となってしまいますが、ブランドはマックィーンの右腕であったサラ・バートンによって現在も率いられています。

スーツに関しては先述のハンツマンが製造を手掛けたスーツを出したこともあり、モードの革新性と相まった面白いラインナップを展開。

デザイナーズブランドのスーツを購入するなら、マックィーンは極めてオススメ。リー・マックィーンを描いた映画、「マックイーン:モードの反逆児」は、ファッション好き必見の映画です。

第八位:ポールスミス(Paul Smith)

Paul Smith 公式HPより引用

<参考価格>110,000円(SOHO)
レア度:3 out of 5 stars (3.0 / 5)
クオリティ:3 out of 5 stars (3.0 / 5)
おすすめ度:2.8 out of 5 stars (2.8 / 5)

ポールスミス(Paul Smith)は創業1970年、英国を代表するデザイナーズブランド

日本でも大人気のブランドで、「ひねりのあるクラシック」をテーマに、アートや写真、建築など、多岐にわたるインスピレーションの源を服のデザインへと落とし込んでいます。

ポールスミスは、デザイナーズブランドの特徴や価値が分かりやすいブランド。一見普通と見せかけて実はちょっと変わっていたり、はたまたパッと見から派手だったり。面白いスーツを提供してくれています。

第九位:ハケットロンドン(HACKETT LONDON)

<参考価格>115,500円
レア度:4 out of 5 stars (4.0 / 5)
クオリティ:3 out of 5 stars (3.0 / 5)
おすすめ度:2.8 out of 5 stars (2.8 / 5)

ジェレミー・ハケットが1983年にスタートさせた、ハケットロンドン(HACKETT LONDON)。テーラーというよりもファッションブランドで、スーツからカジュアルまで、ブリティッシュスタイルのファッションが楽しめます。

日本での知名度は物凄く高いという訳ではないものの、ハーディエイミスからサヴィルロウの店舗を引き継ぎ、世界的にも展開しているブランド。

日本にも銀座に直営店がありましたが、残念ながら2021年に撤退しています。

↓他国のメーカーも見てみたい方はこちら!

SHOLL(しょる)
皆さまこんにちは。“SHOLLWORKS”運営者のSHOLL(しょる)と申します。

1987年、山梨県甲府市生まれ。国内デザイナーズブランドを経て、ファッションコングロマリットのブランドでデザイナー職を経験。

現在は東京在住、デザイナー含め様々な事業に携わっています。
シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
INDEX
PAGE TOP
目次
閉じる