当サイトでは、紹介できるブランド様を募集中です。詳細はXか問い合わせフォームからご相談ください。

リクルートスーツとは|プロがビジネススーツとの違い&おすすめの購入場所を紹介

当サイトのリンクの中には広告が含まれます。
SHOLL
SHOLL

リクルートスーツとは?ビジネススーツとの違いや必要性について、プロのファッションデザイナーが解説しました。また、実際に買うべきものやレンタルサービスなど、オススメの手段についても解説しています!

こんにちは、しょる(@SHOLLWORKS)です。世間では新卒の就職活動が始まったばかりの時期ですよね。そして、この記事を読んでくださる就活生の皆様の大半は、リクルートスーツ選びに困っているのではないでしょうか。

「最低でも二着は必要だし、どこで買おう・・・」「折角だから就活後も無駄にしたくない」といった意見や、「そもそもリクルートスーツって何やねん!普通のスーツと何が違うの?」など。そんな風に思われている方も多いですよね。

でも大丈夫。トップブランドのデザインチームでデザイナーを勤めていた私が、就活生の皆様のリクルートスーツにおける、本当に必要な対応策をお教えします。

SHOLL
SHOLL

ちなみに、今は企業で役員もやっていて人事面接をすることもあるため、ただの「クリエイターのうわ言」でもありません。皆さんを面接する立場でもあるため、その点まで含めてご安心ください。

先に結論を述べておくと、普通の「リクルートスーツ」は社会人になったら基本使えません。見た目は通常のビジネススーツと同じですが、全く高級感や耐久性のない“安物”だからです。

よって、

  • 社会人になってからも使えるスーツを購入する
  • 「レンタル0円」でお得に済ませる
  • 面接だけ必要な人は、いっそレンタルでOK

のいずれかを強く推奨します。実際の具体案まで解説させていただきましたので、ぜひご覧ください。

目次

そもそも、リクルートスーツとは?ビジネススーツと何が違う?

具体的にどんなリクルートスーツを買うかを話をする前に、まずは「リクルートスーツとは」についてお話します。

リクルートスーツは日本独自のジャンル、「一億総中流」「同調圧力」による産物

リクルートスーツは1970年代後半、大学生協と大手百貨店の「伊勢丹」がタッグを組んで販売したことが切欠です。

当時は、日本が高度経済成長によって国民の大半が(ある程度)豊かになった時代。他の大手百貨店や、「洋服の青山」などの量販店も「リクルートスーツ」の流れに同調したことで、現在のような文化が生まれました。

換言するなら、日本人の「一億総中流」「同調圧力的な国民性」から生まれたジャンルです。「安定的供給源としてスーツを買わせよう」「必要なものだとして習慣的な文化を作ろう」という“空気づくり”によって誕生したのがリクルートスーツです。

SHOLL
SHOLL

そもそも、リクルートスーツは日本独自のスーツです。スーツ発祥の国と言われる英国はもちろん、イタリアやアメリカといったスーツの中心国には存在しません。

私が「リクルートスーツ文化」に反対しているように思われるかもしれませんが、その通りです。日本独自の習慣であること自体は悪とは思いませんが、1年ポッキリしか使えないゴ〇ミを買わされていることに、皆もっと怒った方が良いですよ。

リクルートスーツとビジネススーツとの違いは?

リクルートスーツとビジネススーツの違いを端的に述べると、

  • リクルートスーツは黒や濃紺などの無地で、個性を目立たせないようにしている
  • 価格が抑えられているため、生地の品質と耐久性が低い
  • ビジネススーツは無地の他に、ストライプや柄など種類が豊富

の3点が挙げられます。基本的な見た目はリクルートスーツと普通のスーツに違いはありません。

1点目に関してはもちろん、ビジネススーツにも黒無地や濃紺無地は存在します。黒無地や濃紺無地、濃灰無地のスーツは「ダークスーツ」といって、主に“お堅い”仕事や会議、冠婚葬祭でも着られるスーツです。

2016年の伊勢志摩サミット。安倍首相とメルケル首相
(いずれも当時)以外、全員濃紺無地のスーツ。

特に濃紺無地のスーツは、ビジネスも含めた「スーツの主役」と言って良い色。欧や米では、就任式やサミットなどの重要なイベントに出席する首脳は「黒に近い濃紺のスーツ」を着ることが慣例となっています。

「え!じゃあ、リクルートスーツはダークスーツとして使えるじゃん!」と思われるかもしれません。しかし、半分正解で半分不正解・・・というか使うべきではありません。

「ダークスーツ」を着るべきシチュエーションは本来、良い生地や仕立てのスーツで臨むべき場面ばかり。だからこそ、出来の良くないリクルートスーツで臨むことは適切とは言えません。

例えば、五つ星レストランで「すき家の牛丼」や「ビッグマック」が出てきたらおかしいですよね。それらも美味しいことは間違いありません。しかし、出てくる場所は選ぶべきですし、装いにも同じことが言えます。

「スーツなんてみな同じじゃん!」と思う方も多いかもしれません。どうしても違いが分からないor価値を見出せないのであれば、それもあなたの個性だからこそ否定はしません。

しかし、見る人が見れば分かるくらいの差はあります。少なくとも、意識的にせよ無意識にせよ「リクルートスーツをダークスーツとして使用することで、得をするということはない」と思います。

リクルートスーツを就職後も使っていたらおかしい?→基本的におかしい

リクルートスーツをビジネススーツとして使用するのは無理ではないのですが、オススメはできません。

理由としては、

  • そもそもリクルートスーツは“安物”、長年の使用に向いていない
  • 廉価な無地のスーツは日本では「リクルートスーツっぽい」→つまり、社会人〇年目なのに就活生っぽい
  • どうせ買うなら、今から「良い無地のスーツ」を買った方がマシ

リクルートスーツのような安価な生地のスーツは、ポリエステルやポリエステル混を中心とした素材でできています。いいスーツであることを演出することは難しい。見る人が見れば、すぐに分かってしまうレベルで厳しいです。

それだけではなく、リクルートスーツは着用していく内に化学繊維が摩擦で潰れてしまい、見た目が悪くなります。肘や膝、お尻部分など負荷の掛かる部分がテカって悪目立ちするようになるので、清潔感がないのですね。

よって、リクルートスーツはお世辞にも長年、大切に着られるものではありません。

じゃあ、具体的にどうすればいい?リクルートスーツとの賢い付き合い方!

では、実際に「どこでリクルートスーツとしても使えるスーツを購入すれば良いか」をご紹介します。

結論、購入するなら

「ビジネススーツとして使うには心許ないリクルートスーツ」ではなく、「リクルートスーツとしても使えるビジネススーツ」を買う

です。

だからこそ、「リクルート使いできるビジネススーツ」のご紹介と、その他お得にレンタルで済ます選択肢もご用意しました。ご自身の価値観に最も合いそうと思うものを選んでくださいね。

リクルートスーツとしても使える「良いスーツ」を選ぶ

1、2万円台のリクルートスーツは、例えば4、5万円するビジネススーツと比べると、2ランクは「下の作り」になっています。

実際には、リクルートスーツ並みの品質のビジネススーツも存在します。しかし、「そこそこのスーツ」と比べると、リクルートスーツは社会的にもクオリティ的にも「就活生専用」になっています。

また、リクルートスーツを社会人になって着ることは“就活生感”から脱却できません。特に、あなたの顔が童顔であったりするなら就活生感が残ります。

サビルロウ(Savile Row)/ ヒルトン(HILTON)

サビルロウヒルトンは、共に「洋服の青山」の最高級ブランド。定価6万円台の中では随一の着心地で、廉価なスーツでは味わえない軽快さが得られます。

極論、この中から無地のスーツを選べばOKです。サイズが合うか心配な方は、下記ボタンから店頭での試着予約をしていただければOK。上記記事に方法も記載しました。

どちらかと言うと「サビルロウ」はがっちり/ぽっちゃりさん、「ヒルトン」は普通~スタイリッシュな方向けですが、サイズ展開が幅広い点も◎。「特徴的な体型で既成スーツが合いにくい!」という方にもオススメしたいブランドです。

サビルロウ(Savile Row)セットアップスーツ
created by Rinker
ヒルトン(HILTON)セットアップスーツ
created by Rinker

カシヤマ(KASHIYAMA)

カシヤマ(KASHIYAMA)は、都市部に多くの店舗を抱えるセミオーダー専用のブランド。来店予約をした上で生地などを自由に選ぶ、オーダーメイドを33,000円~というリーズナブルな価格でトライできます。

こちらも、黒や濃紺無地の生地を選べばリクルートスーツとして使用してOK。生地などのチョイスが分からない場合は、とりあえず「来店予約」をすれば店員さんが親切に教えてくれます。

電車の中でKASHIYAMAのスーツを着たフレッシャーズの方を何度か見かけたことがあるので、実際に結構いらっしゃると思います。作りも確実にユニクロより良いですよ。

また、「どうしてもリクルートスーツが良い!不安!」という方がいらっしゃるなら、KASHIYAMAでは比較的リーズナブルなプライスでリクルートスーツを作成することが可能。(私はオススメしませんが)量販店のリクルートスーツを購入するくらいなら、KASHIYAMAで制作すれば社会人になってもおかしくないレベルのものは手に入ります。

\ KASHIYAMA公式HPはこちら/

リクルートスーツは「0円就活」で無料レンタルができる!

リクルートスーツをわざわざ購入するのは、あまり賢い選択とは言えません。とはいえ、いきなり5万もするダークスーツを購入することを躊躇われる方への選択肢がこちら。「0円就活」というサービスへの登録です(公式HPはこちらから)。 

こちらの「0円就活」LINEで「友だち登録」をすると、

  • 面接交通費無料
  • スーツレンタル無料
  • 人気美容室利用無料

という特典付きです。

実際にはバッグや靴、ネクタイやシャツまで必要ですから完全に無料とはいきません。しかし、一番高いであろうスーツ代が浮くだけでも助かりますよね。

ちなみにリクルートスーツの“レンタル0円”は、全国の提携している「洋服の青山」「ザ・スーツカンパニー」で可能とのこと。しかも、スーツだけでなく美容室利用も無料なのは地味にありがたいですよね。

レンタルって有料のことを指すのでは・・・と思いますが、細かいことは良いんですよ。“大人女子”と一緒です。多分。

どうしても就活用スーツを所有したいなら、ユニクロのビジネススーツで良い

どうしても「レンタルに抵抗がある」「スーツのみで5万円は出せない」かつ「就職してからも着られるスーツを選びたい」という方は、ユニクロのスーツを準備すれば良いと思います。

SHOLL
SHOLL

高級感は先述のブランドには敵いませんが、3万円までのスーツであればユニクロがベストだと思います。

特に、メンズは「ストレッチウール〇〇」、レディースは「ストレッチ〇〇」シリーズがオススメ。ぜひ、上記記事を覗いてみてくださいね。

ピンポイントでの使用なら、楽天のレンタルショップを利用するのも手



あるいは、就職後にスーツを必要としない方は全部レンタルで済ませるのも手です。工業/商業高校の方など面接が「一回だけ」という方には特にオススメの選択肢です。

上のリンクからジャンプしていただくと、スーツだけでなくシャツやバッグ、靴までトータルでのセットで用意してくれます。サイズ展開も豊富な上、レディースはスカートとパンツも選ぶことが可能。メンズは結ばないネクタイもあります。

注意点としては、あまり何度も利用してしまうと高額になってしまうこと。しかし、面接日が連続していたり、数回くらいまでの使用であれば買うよりも安く済みますよ。

終わりに|プロの目から見ても、力を入れてはいけない「無駄ジャンル」は存在する

今回は以上となります。まとめると、

  • リクルートスーツは「スペック不足」/今の時代わざわざ買うのはオススメしない
  • どうせならユニクロか、いきなり良いスーツを買う方が社会人後も使えるので費用対効果が高い
  • 買わないなら「0円就活」で無料レンタルか、楽天市場のレンタルセットがオススメ

です。

人一倍、服装に造詣の深い私からしても、普通のリクルートスーツ」に投資するのはハッキリと“無駄”です。

仮に、今の年収のまま就活生になったとしても絶対に選ばないですし、絶対に1、2万円クラスの「リクルートスーツ」は購入しません。断言します。

だからこそ、いきなり社会人になっても使えるスーツにすることをオススメします。どの道濃色無地のスーツは基本なので、社会人になっても一着は欲しいスーツですからね!

また、様々なサービスにおいてレンタルのシェアが増えてきた昨今。服もまた、必ずしも買わなくてはならないものではなくなりました。

本当に必要かどうか、レンタルでも良いかどうかを見極めた上で、選択できると良いですよね。

SHOLL
SHOLL

最後まで読んでいただいた皆様の就活が、上手くいきますように。

おしまい!

(少しでもお役に立てられたなら、SNSに拡散していただけると嬉しいです!)

シェアお願いします!
SHOLL(しょる)
皆さまこんにちは。“SHOLLWORKS”運営者のSHOLL(しょる)と申します。

1987年、山梨県甲府市生まれ。国内デザイナーズブランドを経て、ファッションコングロマリットのブランドでデザイナー職を経験。

現在は東京在住、デザイナー含め様々な事業に携わっています。
目次