CATEGORY
相互リンク

Zakさまのブログ「メンズノート」。

30代ビジネスマンのリアルなファッション・ライフスタイルblog

 

たまえさまのブログ

「たまえ、のんびりブログ執筆中。」

20代女子のお出かけや購入品、お気に入りアイテムなどを紹介しています。

 

「SHOLLBEAUTE」は、美容・コスメ製品情報をどこよりも深堀してお伝えするWEBメディアです。

スポンサーリンク

YOOX.COM(ユークス)

SHOLLWORKS(ショルワークス)は、プロの目線からファッションに関するレビュー&価値観をお届けします。

人吉(HITOYOSHI)シャツの評判!サイズ感や取扱店舗、ふるさと納税【東京】

こんにちは、しょるです。本日は日本を代表するシャツ専業ファクトリーブランドである人吉(HITOYOSHI)について。

人吉(HITOYOSHI)は、熊本県人吉市に居を構えるシャツメーカー。海外のシャツメーカーやデザイナーズブランドと比べて、比較的リーズナブルな価格で非常にハイクオリティなシャツを提供してくれるブランドです。

用途に応じたラインナップも豊富で、メンズ・レディース用の高級感重視の白シャツからオフの日のカジュアルシャツ、イージーケアやノンアイロンシャツまで製造・販売しています。

実際、人吉(HITOYOSHI)は10,000円前後のシャツで間違いなく最強クラスのブランド。生地だけでなく縫製やボタン、縫い方にも工夫が凝らされており、世界一の縫製技術を誇る日本においても突出した信頼感があります。

その他、人吉はふるさと納税制度にも出品しており、地域活性化にも貢献しています。購入する側の節税対策にも最適な上に、勝負シャツやプレゼントとしてもピッタリ。

今回は、プロのファッションデザイナーである私が人吉シャツの特徴からラインナップ紹介、実際に私が持っている人吉シャツの紹介や購入手段まで解説しました。ぜひ、最後までお読みいただけたら嬉しいです!

目次

人吉(HITOYOSHI)のシャツとは?特徴や評判を解説

2009年創業、日本・熊本県人吉市のシャツ専業メーカー

HITOYOSHI 公式HPより引用

人吉(HITOYOSHI)は、熊本県人吉市のシャツメーカー。ブランド名は市名に由来しています。1988年に縫製工場が設立されましたが、2009年のリーマンショック不況の煽りを受けた親会社が倒産。株式会社HITOYOSHIとしては、2009年9月に親会社から工場を買い取ったところからスタートしたそうです。

2014年には念願の自社レーベル「HITOYOSHI」をローンチ。「世界に通用する白シャツを」というコンセプトを掲げ、「量より質」のモノづくりに傾倒した人吉は、瞬く間に日本国内を代表するシャツメーカーとして評価されるようになりました。

HITOYOSHIは、日本らしい丁寧で細やかなマシンメイドシャツを、10,000円前後のプライスで展開しています。ビジネスシーンにおいて、一種の“消耗品”とされがちなシャツの中では決して廉価ではありません。しかし、定価10,000円前後のシャツの中でも際立つクオリティの高さは「勝負シャツ」としても最適です。

【ファクトリーブランド】10,000円前後で上質なシャツを提供 

人吉(HITOYOSHI)のシャツは、10,000円前後という価格帯で、

  • 100番手双糸の綿生地
  • 白蝶貝ボタン&百合付け
  • 細かで丁寧な縫製(24針/3cm)

         (人吉ホワイトライン)

といった、きめ細やかな生地や縫製、そして高級感溢れるボタンなど副資材を使用していることが特徴。100番手双糸生地も薄地すぎず地厚すぎず、オールシーズンに丁度良い塩梅です。

また、細かなサイズ感やシワになりにくい加工処理など、ラインや用途に応じてさまざまな工夫が凝らされています。メンズだけでなくレディースのシャツも製造しており、性別問わず“良いシャツ”が欲しい方にピッタリ。

 

シャツの顔ともいえる、襟の部分。24針/3cmの細かさで、通常のシャツの約1.5倍のミシン目の細かさです。この距離からだと、ステッチがほとんど見えないくらい細かいですよね。

襟まわりの縫製が細かいことは、シャツの高級感を印象付ける点として非常に重要です。1.5倍も違うと印象もグッと変わり、廉価なシャツと比べて2ランクは上の高級感を提供してくれます。

HITOYOSHI 公式HPより引用

また、ボタンには真珠を育てる貝である、白蝶貝を採用。このクラスの価格帯ですとボタンはプラスチックが主流、良くても一般的な貝ボタンである「高瀬貝」です。

白蝶貝は、高瀬貝と比べても数倍の価格差がある最高級品。人吉ではノンアイロンシャツを除き、白蝶貝が採用されていることも特筆すべき点。

加えて、通常のシャツと異なり、ボタン穴に対してボタン付け糸が放射状に通っているのが分かります。日本では形状から「百合付け」、イタリアでは「鳥足(ザンパテグリアート)」と呼ばれている仕様。

ヒトヨシ(HITOYOSHI)made in Japan ドレスシャツ
created by Rinker

「ふるさと納税制度」にも適用されている


HITOYOSHIのシャツは、先述の通り熊本県人吉市の名産。ふるさと納税&その返礼品としても販売されています。

ふるさと納税制度については、私よりも詳しい方が大勢いらっしゃると思いますが、簡単に説明すると自分の住む自治体以外に納税することにより、

  • 翌年の住民税から、ふるさと納税額の100%に近い控除が受けられる(負担金2,000円除、年収に応じた限度額あり)
  • 納税額の3割程度の「返礼品」を受け取ることが可能

ざーーーっくりとなので、必ず詳細はご自身で調べていただきたいのですが、上記のような特徴があります。

上記シャツの場合、25,000円を納付することで、翌年の住民税からその年の初回は約23,000円、2回目以降は約25,000円が差し引かれ、さらに25,000の3割程度のシャツ(販売価格7,500円程度)を返礼品として受け取ることが可能ということ。

総務省HP:https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/czaisei_seido/furusato/mechanism/deduction.html

 

(あくまで目安ですが)総務省HPによる寄付金の上限目安は、ふるさと納税を行う本人の収入が、

  • 年収300万円の独身または共働き…28,000円
  • 年収500万円の夫婦…49,000円
  • 年収1,000万円の夫婦…171,000円
  • 年収2,000万円…569,000円

となっております。収入に対する住民税の納税額と同様に、ふるさと納税の寄付金限度額も上がっていきます。

要は、来年度に収める税金を先に他の自治体へ支払うことで、物凄くお得に人吉のシャツを返礼品として受け取ることが可能。やらないメリットは特にない制度なので、私も毎年、限度額ギリギリまでやっています。

ご自分のネックサイズ&裄丈が分かる方は、ぜひご活用ください。

楽天ふるさと納税制度では、その他にもスコッチグレインやユニオンインペリアルの靴や、山形屋、宮城興業などの仕立て券などもあります。



 

人吉(HITOYOSHI)シャツのラインを紹介

続いて、HITOYOSHIが展開しているブランドについてご紹介します。

比較的ややこしいライン分けですが、下記を参考にご自身にピッタリなHITOYOSHIのシャツを見つけてください。

HITOYOSHI 1988

HITOYOSHI 公式HPより引用

参考価格
10,450~26,400円

➡特徴&こんな人にピッタリ
・高品質なビジネスシャツorカジュアルシャツが欲しい
・高級感と防シワ機能のバランスが取れたイージーケアシャツに興味がある
・世界の有名生地メーカーのテキスタイルを使用したシャツに興味がある

まずは、最も中心となるHITOYOSHI 1988について。迷ったら、このラインの中から選んでいただいてOKです。

ビジネスシャツやカジュアルシャツ、イージーケア、ブランド綿を使用したものなど豊富なラインナップが特徴。

HITOYOSHI 公式HPより引用

“HITOYOSHI 1988”は、どちらかと言うとカジュアルシャツが中心。高品質なジーンズやカジュアルシャツと合わせたくなるようなラインナップが目白押し。

上記写真のシャツも一見、普通のフランネルシャツに見えますが、細かな縫製に白蝶貝ボタンを鳥足付け、ふらし芯と、高品質なシャツの要素満載な「本物」を愛用したい大人向けのシャツと言えます。

HITOYOSHI 1988 TRAVELLER 

HITOYOSHI 公式HPより引用

HITOYOSHI 1988 TRAVELLERは、通常のシャツと比べてシワになりにくいイージーケアライン。やや品質スペックは異なりますが、イージーケアシャツとしては非常に高い品質のシャツをリーズナブルな価格帯で提供してくれます。

上質さとシワになり過ぎないバランス重視の方に◎で「日常的に良いシャツを着たい方」にピッタリ。TRAVELLER(トラベラー、旅行者)の名前の通り、出張時に鞄やキャリーケースに入れて持ち運ぶシチュエーションにも良いですね。

脇の縫い針が二本縫いになっていたり、ふらし芯ではなく接着芯が使用されていますが、あえての施策でアイロン掛けを楽にするための配慮です。実際、アイロン掛けがかなり楽になるので「忙しいけれど安っぽいノンアイロンシャツは着たくない!」という方に◎。

ちなみに、何れかの手段でシワがカットされるものを総称して「形態安定シャツ」と呼びます。中でも、イージーケアシャツノンアイロンシャツに分けられ、

  • イージーケアシャツ・・・シワになりにくい、多少のアイロンがけが必要な場合がある
  • ノンアイロンシャツ・・・非常にシワになりにくい、アイロン掛けは基本的に必要ない

といった違いがあるため、特性に応じた呼称の違いに注意してください。

併せて、日本では、「W&W性(ウォッシュ&ウェア性)」という指標が設けられています。これは、通常の布帛(ふはく)生地を洗濯した後に残るシワの度合いを「1.0級」とした上で、段階的にどのくらいの「シワカット率」のある製品なのかを示すもの。

具体的には、下記の通り1.0~5.0級に分けられ、

  • 5.0級・・・シワカット率100%
  • 4.0級・・・シワカット率90%
  • 3.2級・・・シワカット率50%
  • 2.5級・・・少しシワが残る(イージーケア)
  • 1.0級・・・シワが残る/通常の布帛綿100%を洗濯した後のシワ感

といった区分がされています。HITOYOSHI 1988 TRAVELLER の場合、およそ2.8級~3.0級程度で、イージーケアシャツの基準をクリアしています。

HITOYOSHI 公式HPより引用

また、HITOYOSHI 1988 TRAVELLERでは、アメリカン・シーアイラドコットンを使用したジャージーシャツも展開されています。

アメリカン・シーアイランドコットンとは、カリブ海にて栽培される最高級の「海島綿」を品種改良した種。海島綿同様に独特のぬめり感が特徴で、海島綿に比べてリーズナブルな価格で高級感を与えてくれます。

HITOYOSHI COMFORT

HITOYOSHI 公式HPより引用

HITOYOSHI COMFORTは、どこかしらの“ゆるさ”を感じさせるモデル展開が特徴のライン。

例えば、ややオーバーシルエットでゆるめな印象であったり、鹿の子のジャージー素材など触り心地を追求したものなどがラインナップに並んでいます。

大人の男性のオフ着にもピッタリですし、私服通勤の方にも◎。クオリティの高さは折り紙付きで、ややトレンド感を意識したシャツが展開されています。

HITOYOSHI(THOMAS  MASON / CANCLINI / CARLO RIVA)

HITOYOSHI 公式HPより引用

また、HITOYOSHIラインでは、ブランド綿を使用したドレスシャツモデルも展開しています。

具体的には、イギリスのトーマス・メイソン、イタリアのカンクリーニ、カルロ・リーバなどの生地を用いたシャツを展開。

価格面でも優秀で、1万円台後半~2万円台中盤程度。ブランド綿に関しては、下記記事でも紹介しています。ぜひ、ご参照ください。

HITOYOSHI WHITE

HITOYOSHI 公式HPより引用

参考価格
9,790円

➡特徴&こんな人にピッタリ
・高品質なワイシャツ(白いビジネスシャツ)が欲しい
・HITOYOSHIの中でも、際立つコストパフォーマンスのシャツ
・豊富なサイズ感とネック&裄丈サイズからピッタリな一枚を選びたい

HITOYOSHI WHITEは、人吉の中でもビジネス用のワイシャツ(白シャツ)にこだわって展開しているライン。個人的には、人吉のシャツの中で最もオススメできるラインです。

理由は、リーズナブルにも関わらず高品質なスペックと、豊富なシルエット&サイズ展開があること。

  • レギュラーフィット
  • スリムフィット
  • コンフォートフィット

の3種類のシルエットを用意し、各モデルに10〜15パターンのネックサイズ&裄丈を用意しています。サイズ感が命なドレスシャツの中で嬉しい施策です。

通常のHITOYOSHIライン同様、100番手双糸の綿生地に白蝶貝を鳥足付け、ふらし芯に一般的なシャツの約1.5倍細かなミシンステッチなどが特徴。トータルでハイスペックなシャツを1万円という価格に抑えている点も◎(しかもAmazonセールなどではさらにお得に購入可能)。

ノンアイロンやイージーケアではないのでアイロン掛けは必須ですが、総合的には最もオススメできるラインです。

ラフェットブルー(La Fete Bleu) 

HITOYOSHI 公式HPより引用

参考価格
9,790円

➡特徴&こんな人にピッタリ
・アイロンの手間が掛からないノンアイロンシャツが欲しい
・多少のスペックダウンは構わないので、利便性×そこそこのクオリティが良い
・ヤフオクの激安商品には要注意

ラフェットブルー(La Fete Bleu)Iは、人吉シャツの中でイージーケア性に特化したノンアイロンシャツライン。

ノンアイロンシャツに“する方法”はいくつもあります。その中でも、人吉は綿100%にこだわり中心として展開していることが特徴。

ラフェットブルーの場合は、

  • 液体アンモニアに浸ける
  • 縫製箇所の工夫

といった工程によって、そこまでアイロンを掛けなくてもシワになりにくい生地感を実現。

先述のW&W性(ウォッシュ&ウェア性)は、ラフェットブルーの場合3.8級程度。綿100%の生地で5.0級を獲得することは非常に厳しいのですが、実際に洗濯をしてみても、アイロン掛けが不要なくらいにシワが残りません。

ただし、ラフエットブルーに関しては、いくつかの欠点もあります。

  • やはり、見た目の高級感の面で他のラインに劣る
  • 日本では化学薬品処理の加工が難しいため、アジア生産に丸投げ
  • 接着芯が硬く、どうしても着心地は良くない(ノンアイロンシャツの中では良い方)

いずれも人吉のシャツが、というより、ノンアイロンシャツ自体の宿命と言える欠点。アイロン掛けをしないでも良いということは、これらの欠点と向き合うということでもあります。

ただし、ヤフオクに激安で流れているモデルには要注意。どうやら少し前のモデルは工場が定まっていなかったりしていたようで、実験的に私も購入してみましたが愛用できるものではないものもありました。

もちろん、最近のモデルや、ふるさと納税の返礼品などは“ちゃんとしたもの”です。Amazonで販売されているものも、口コミをよく確認すれば問題ありません。

ヒトヨシ(HITOYOSHI)made in Japan ドレスシャツ
created by Rinker

人吉(HITOYOSHI)のシャツを購入してみた

今回、Amazonで販売されているHITOYOSHI WHITEの白シャツを購入してみました。

結論、超良かったです。

個人で所有はしていないのですが、実際の店舗へ足を運んでみた感想として、人吉のカジュアルシャツや人吉コンフォートも、上述で紹介したかなりオススメ度の高い商品です。やはりどのラインも全体的に良いですね。

公式の写真通り、非常に細かな縫製と、上質感×日常使いを可能にする100番手双糸の生地が非常に好印象。

ボタンは先述で紹介した通り、白蝶貝を使用しています。1万円という価格の白シャツなら高瀬貝ですら「なかなか頑張っている」と言えるのに、数倍の価格がする白蝶貝を採用してくるあたり、流石はHITOYOSHIと言える部分です。

さらに、鳥足付けであることで、シャツのボタンが掛けやすくなっています。普通の十字にボタン付け糸を走らせてしまうと、ボタンの端部分が動きにくくボタンを掛けにくくなってしまうのですね。

注目すべきはカフス。形状が円錐形になっており、手首に向かってすぼむような形状になっています。この方が肘を曲げてもジャケットの裾からシャツの袖先が出過ぎず、人体の形状にも合っているため美しいディテール。

多くのハイブランドでも採用されない手間のかかった部分で、良いビジネスシャツを見分けるひとつの部分でもあります。

人吉(HITOYOSHI)のシャツの長所&短所

価格帯にして圧倒的なクオリティの高さ 

まず、何と言ってもコストパフォーマンスの高さが圧倒的。正直、10,000円前後のシャツとしては文字通り「無敵」だと思います。

ここまで説明した通り、100番手双糸に細かなステッチ、ふらし芯、白蝶貝まで使用したシャツは至れり尽くせり。“コスパが高い”だけでなく、日本を代表するシャツファクトリーブランドであることは間違いありません。

3万円、5万年するブランド物のシャツでも、HITOYOSHI以下のものは決して珍しくありません。ブランドの知名度より実力を取りたい方は、HITOYOSHIのシャツはファーストチョイスにすらなると思える出来です。

普通体型の人にはとても合うサイズ展開

人吉のシャツはサイズ毎に裄丈が2or3パターン用意されており、ある程度は体型に合ったサイジングが可能。サイズ展開の幅は、多くの普通の方にとっては問題となりません。しかし、全員が問題にならないわけでもない、既製服ならではのメリットorデメリットです。

というのも、腕が長い人などにとっては、微妙にサイズ展開に物足りない部分があります。ユニクロのオーダー感覚シャツのようなサイズバリエーションは難しい模様。

これは、人吉だけでなく、フェアファクスやレスレストンといった素晴らしいシャツメーカーなども同様です。身長に対して腕が長いなどの特徴がないならば、全く問題ありません。

ノンアイロンシャツが一部微妙:トップヒューズを使用した襟の硬さに注意

“ノンアイロンシャツにも本気を出す”と謳うHITOYOSHIですが、確かにノンアイロンシャツの中では極めて良いシャツを手掛けています。

ただし、シワにならないようにトップヒューズ芯という、極めて剥離しにくい丈夫な接着芯を使用しているため、生地が薄地の割に襟やカフスの芯が硬く仕上がっています。

どうしても、通常のシャツと比べて重量バランスに問題があるので、着心地の良いシャツとは言えません。これは人吉が悪いというより、ノンアイロンシャツそのものの問題が大きいです。

ラインの違いがあいまい&分かりにくい

正直、現状はラインの違いが分かりにくく、ブランディング面で損をしていると思います。もう少し整理した方が良いのではないでしょうか。

具体的には、「HITOYOSHI」の中にラインを作り過ぎです。カジュアルシャツもドレスシャツ同じタグの中にあるのに、一方で別ラインでドレスシャツ、それも大して変わらないものも展開している。公式オンラインストアの「ブランドから探す」があまり機能していません。

シャツの製造技術ではマシンメイドの最高峰と言っても過言ではないので、もう少し各ライン毎のメッセージの面で力強さがあるとベターではないでしょうか。

人吉(HITOYOSHI)のシャツはどこで買える?購入店舗を紹介! 

人吉(HITOYOSHI)は、公式オンラインストアもあります。カジュアルシャツやカルロリーバなどの特別なモデルを購入する際には公式オンラインストアがオススメ。

また、人吉市にある本店の他にも、東京の実店舗として南青山に直営店を構えています。

HITOYOSHI株式会社<東京支店>

〒107-0062
東京都港区南青山5-4-29 レジーナ南青山101
TEL:03-5466-1017
FAX:03-5466-1018

また、HITOYOSHI TRAVELLERHITOYOSHI WHITEラフェットブルーに関しては、価格面でAmazonが良いと思います。その他、ふるさと納税制度を活用するなら楽天市場がオススメ。

ドレスシャツの場合、ネックサイズと裄丈さえ分かっていればサイズミスも考えにくいですからね。

ヒトヨシ(HITOYOSHI)made in Japan ドレスシャツ
created by Rinker

今回は以上となりますが、人吉(HITOYOSHI)は日本を代表するシャツのファクトリーブランド。1万円は決して安い買い物ではないですが、間違いなくそれ以上の価値を提供してくれるシャツです。

ぜひ、良いシャツが欲しい方への有益な情報となれたら嬉しいです!

おしまい!

(少しでもお役立てられたなら、Twitterなどで拡散してくれると嬉しいです!)

SHOLL(しょる)
皆さまこんにちは。“SHOLLWORKS”運営者のSHOLL(しょる)と申します。

1987年、山梨県甲府市生まれ。国内デザイナーズブランドを経て、ファッションコングロマリットのブランドでデザイナー職を経験。

現在は東京在住、デザイナー含め様々な事業に携わっています。





シェアお願いします!
  • URLをコピーしました!
目次