【おすすめ】英国のスーツブランド【12選】!有名、高級、一流まとめ

こんにちは、しょるです。

こちらのページでは、【有名・一流・高級】英国のスーツブランド【12選】ということで、ご紹介させていただきます。

スーツ発祥の国といわれる英国。特に、テーラーの聖地と言われるサヴィルロウは、日本でスーツを意味する「背広」の語源にもなったという説もあるほど。日本で本格的に英国ファッションが本格輸入されたのは1980年代に入ってからですが、スーツの歴史の中心地に立ち続けてきたことは間違いありません。

また、英国ブランドの特徴として、ビスポークと既製服で価格帯が大きく異なることが挙げられます。これは、1990年代頃からの「ニュービスポーク」という動きで、サヴィルロウの名店といえど、ビジネス形態を見直さなければならない程に既製服が当たり前になったということです。その分、既製スーツは比較的入手し易くはなっていますので、ぜひご一読ください!

目次

【おすすめ】英国のスーツブランド【12選】!有名・高級・一流を買うなら

ポールスミス

Paul Smith 公式HPより引用

「ポールスミス(Paul Smith)」は創業1970年、英国を代表するデザイナーズブランド。「ひねりのあるクラシック」をテーマに、アートや写真、建築など、多岐にわたるインスピレーションの源を、服のデザインへと落とし込んでいます。日本でも大人気のブランドで、ライセンス契約および輸入販売をジョイックスコーポレーションが担当。

ポールスミスのアイテムは、一見普通と見せかけて実はちょっと変わっていたり、はたまたパッと見から派手だったり。デザイナーズブランドの特徴や価値が分かりやすい。また、ポールスミス本人がテーラーの下で修業をしていたというキャリアもあり、スーツ生地の拘りは強いと思います。

↓「Paul Smith」をYOOXで覗いてみる!

YOOX.COM(ユークス)

↓「Paul Smith」をFARFETCHで覗いてみる!

Farfetch:Linkshare:Affiliate:CPA:JP:JP
ブランド名ポールスミス(Paul Smith)
創業年1970年
価格帯9~15万円
クオリティ★★
オススメ度★★★

ダンヒル

dunhill 公式HPより引用

スーツが主力のデザイナーズブランドと言えば、創業1893年の英国ブランドの「ダンヒル(dunhill)」も挙げられます。(宝飾品が中心の)リシュモングループにおける数少ないメンズクロージングブランドでもあり、ビジネスやビジネスライクなトータルファッションを提案しています。

スーツに関しては、デザイナーズブランドらしく生産性を重視したマシンメイド率の高いスーツですが、生地や副資材に高級感があり、フィッティングも決して悪くはありません。また、サッカー日本代表のオフィシャルスーツも提供しており、毎年「SAMURAL BLUE COLLECTION」として発売されています。フットボール好きにも良いブランド。

↓「Dunhill」をYOOXで覗いてみる!

YOOX.COM(ユークス)
ブランド名ダンヒル(Dunhill)
創業年1880年
価格帯30万円前後
クオリティ★★★~
オススメ度★★★

マーガレットハウエル

MARGARET HOWELL 公式HPより引用

1970年、メンズシャツから始まった「マーガレットハウエル(MARGARET HOWELL)」。英国的でタイムレスなラインナップが魅力のブランドです。日本企業の株式会社アングローバルが親会社となっており、布帛製品は日本製や中国製が中心。近年では、セカンドライン「MHL」のキャンバストートやTシャツも有名ですね。

また、英国を中心とする専業メーカーとの協業が好きなブランドで、バブアーのコート、トリッカーズのシューズ、ジョンスメドレーのニットなど、コラボレーションや別注品を多数展開。

スーツに関しては、英国を代表する生地メーカーである「フォックスブラザーズ」の生地を使用したものが有名。(デザイナーズブランドとしては)価格とクオリティのバランスも悪くはなく、私も冬用に一着持ってます。ECストアでの取り扱いは少な目ですが、YOOXFARFETCHで少量の流通があるので、興味のある方は覗いてみて下さい。

↓「MARGARET HOWELL」をYOOXで覗いてみる!

YOOX.COM(ユークス)

↓「MARGARET HOWELL」をFARFETCHで覗いてみる!

Farfetch:Linkshare:Affiliate:CPA:JP:JP
ブランド名マーガレットハウエル(MARGARET HOWELL)
創業年1970年
価格帯10万円~
クオリティ★★~★★★
オススメ度★★★

アレキサンダーマックイーン(おすすめ)

ALEXANDER McQUEEN 公式HPより引用

「アレキサンダーマックィーン(ALEXANDER McQUEEN)」は、英国を代表するハイファッションブランド。創業者リー・マックィーンは1992年に自身のブランドをスタートし、「ジバンシィ」のデザイナーに抜擢されるなど輝かしい功績を残しました。レディー・ガガのファッションの中には、マックィーンの作品も多数あります。

リー・マックィーンは2010年、40歳という若さで帰らぬ人となってしまいますが、彼の右腕であったサラ・バートンによって率いられているブランドは、現在ケリング(グッチグループ)の一角として、存在感を放っています。

スーツに関しては、後述の「ハンツマン」製のスーツを出したこともあり、モードの革新性と相まった面白いラインナップを展開。デザイナーズブランドのスーツを購入するなら、マックィーンは極めてオススメです。ちなみに、リー・マックィーンを描いた映画、「マックイーン:モードの反逆児」は、ファッション好き必見の映画。

お得に購入したい人は、YOOXFARFETCHが良いと思います。似合う人は、パーティ用に一着持っていても損はないブランドです。

↓「ALEXANDER McQUEEN」をYOOXで覗いてみる!

YOOX.COM(ユークス)

↓「ALEXANDER McQUEEN」をFARFETCHで覗いてみる!

Farfetch:Linkshare:Affiliate:CPA:JP:JP
ブランド名アレキサンダーマックィーン(ALEXANDER McQUEEN)
創業年1992年
価格帯40万円前後~
クオリティ★★★
オススメ度★★★★

チェスターバリー(おすすめ)

CHESTER BARRIE 公式HPより引用

「チェスターバリー(Chester Barrie)」は1935年創業、英国サヴィルロウに居を構える歴史的テーラー。紳士服としての厳かな風格と高い品質、縫製工場がロールスロイスと同地域にあったことから、「着るロールスロイス」とも格付けされるブランドです。

かつては、ラルフローレンの最上級ライン「パープルレーベル」のスーツも製造していたり、テーラーとしての格を備えつつ、既製服のブランド化にも進出しているメーカー。現在もサヴィルロウに存在するテーラーは、大半が90年代に(オーダーメイドと比べれば)廉価な既成ラインを展開し、着々とブランド化をしつつ生き残ってきました。

チェスターバリーはラインによって、かなり価格差の大きなブランドです。サヴィルロウでのオーダー価格は為替にも拠りますが、大体40万円程度がボリュームゾーン。一方、既製服は現地でもそこまで高くはなく、通常レーベルでも6、7万円程度、高いもので10数万円。いずれの価格帯においても、コストパフォーマンスは低くありません

日本で展開されるチェスターバリーの既製服は主に、大賀(おおが)株式会社というメーカーが製作しています。ライセンス事業には違いありませんが、大賀は日本国内でも技術力のあるメーカー。10万円前後のスーツとしては、良い選択肢だと思います。「イタリアっぽいものよりも英国的なスーツが好き!」という方で、コスパを求めるなら大アリ

↓「CHESTER BARRIE」を三越伊勢丹で覗いてみる!

三越伊勢丹オンラインストア
ブランド名チェスターバリー(CHESTER BARRIE)
創業年1935年
価格帯6万~50万円
クオリティ★★~★★★★★★
オススメ度★★★★

ティモシーエベレスト(おすすめ)

「ティモシーエベレスト(Timothy Everest London)」は1989年、ティモシー・チャールズ・ペト・エベレストによって立ち上げられたテーラー。1990年代以降のスーツに対する消費者の変化を感じ取り、従来の職人技にファッションの要素を取り入れ、プレタポルテ(高級既製服)市場に進出した「ニュービスポークテーラー」として知られます。

ビスポークテーラーとしても正真正銘の一流ブランドで、フルオーダーだと約45万円~。映画「ミッションイン・ポッシブル」にて、トム・クルーズが着用していたスーツとしても有名です。フルオーダーの他にパターンオーダーも可能で、それぞれの予算や要望に合ったサービスを展開しています。

大賀(ohga) 公式HPより引用

「チェスターバリー」同様、既製服は(比較的)抑えめの価格。ティモシーエベレストも、日本市場に流通しているスーツやシャツは大賀が製作しています。チェスターバリーがボクシーで重厚なスーツならば、ティモシーエベレストは、ややシャープで現代的なシルエットを演出。お好みに合わせて、チョイスすると良いと思います。

購入はGILT三越伊勢丹楽天市場にて購入できます。大賀製のティモシーエベレストも一枚襟で製作されており、首周りのフィッティングも良好。10万円前後で高品質な英国的スーツを手に入れたい方には、強くオススメできるブランド

↓「Timothy Everest」をGILTで覗いてみる!

↓「Timothy Everest」を三越伊勢丹で覗いてみる!

三越伊勢丹オンラインストア
ティモシーエベレスト(Timothy Everest London)セットアップスーツ
created by Rinker
ブランド名ティモシーエベレスト(Timothy Everest London)
創業年1989年
価格帯9万円~60万円
クオリティ★★★~★★★★★★
オススメ度★★★★★

オースチンリード

Facebook 公式HPより引用

「オースチンリード(AUSTIN REED)」は、1900年創業。女王エリザベス二世とチャールズ皇太子よりロイヤルワラントを授与され、ウィンザー公やチャーチル元英首相、ビートルズなども顧客に抱えていた英国を代表する名店。

日本では、トレンザ社がメンズのライセンス事業を展開。6万円前後の価格帯ですが、先述の2ブランドと比較すれば投資すべき対象とは思えません。サヴィルロウにあるオースチンリードは、とても素晴らしいテーラーでした。

ブランド名オースチンリード(AUSTIN REED)
創業年1900年
価格帯6万円前後
クオリティ★★(国内ライセンス品)
オススメ度★★(同上)

ハケットロンドン

STRIPE DEPARTMENT より引用

ジェレミー・ハケットが1983年にスタートさせた、「ハケットロンドン(HACKETT LONDON)」。テーラーというよりも「ファッションブランド」で、スーツからカジュアルまで、ブリティッシュスタイルのファッションが楽しめます。

日本での知名度は物凄く高いという訳ではないものの、「ハーディエイミス」からサヴィルロウの店舗を引き継ぎ、世界的にも展開しているブランド。日本では銀座に直営店があり、既製服の他にもオーダーメイドのサービスも提供。ファッションブランド的な要素が強いためスーツのクオリティは並ですが、シンプルな中で遊び心を重視したい人にオススメ

↓「HACKETT LONDON」をYOOXで覗いてみる!

YOOX.COM(ユークス)

↓「HACKETT LONDON」をFARFETCHで覗いてみる!

Farfetch:Linkshare:Affiliate:CPA:JP:JP
ブランド名ハケットロンドン(HACKETT LONDON)
創業年1983年
価格帯10万円~
クオリティ★★
オススメ度★★★

ケント&カーウェン

KENT&CURWEN 公式HPより引用

「ケント&カーウェン(KENT&CURWEN)」は1926年、エリック・ケントとドロシー・カーウェン夫妻によってロンドンにて設立されたブランド。サッカーやラグビーでも有名な「スリーライオンズ」をロゴに起用したブランドで、1930年代には競技のクリケットセーターで知名度を高め、英国を代表するブランドの地位を獲得しました。

紳士服の基本であるスーツはもちろん、80年代には映画「炎のランナー」の衣装提供、また近年ではデイビッド・ベッカムと個人スポンサーを結ぶなど、時代の節々において話題性も高いブランドです。

日本では、近年までレナウンが取り扱っていましたが、破綻した現在では YOOXFARFETCHにて購入可能。価格帯もかなり高めのブランドですが、日本国内では手に入りにくい分、周りにないオシャレを楽しみたい人にオススメ。

↓「KENT&CURWEN」をYOOXで覗いてみる!

YOOX.COM(ユークス)

↓「KENT&CURWEN」をFARFETCHで覗いてみる!

Farfetch:Linkshare:Affiliate:CPA:JP:JP
ブランド名ケント&カーウェン(KENT&CURWEN)
創業年1926年
価格帯25万円~
クオリティ★★~★★★
オススメ度★★★

リチャードジェームス(おすすめ)

RICHARD JAMES 公式HPより引用

「リチャードジェームス(RICHARD JAMES)」は1992年、英国はサイヴィルロウにオープンしたブランド。上述のブランド同様、時代の流れに即してコンテンポラリーなラインと、サヴィルロウのテーラーとしてのクラシックなラインを融合させた展開が特徴で、「ニュービスポーク」に属する現代型スーツブランドのひとつ。

日本市場からは撤退しているものの、グローバルなECストアにて購入可能。定価10万円前後のプライスで購入できるため、コスパは高いと思います。公式オンラインストアでも購入可能ですし、YOOXではさらにお得に購入可能。

↓「RICHARD JAMES」をYOOXで覗いてみる!

YOOX.COM(ユークス)
ブランド名リチャードジェームス(RICHARD JAMES)
創業年1992年
価格帯12万円
クオリティ★★~★★★(既製服)
オススメ度★★★★

ギーヴス&ホークス

The ROYAL WARRANT HOLDERS より引用

1785年創業の「ギーブス」、1771年創業の「ホークス」というサヴィルロウの名店が、1975年に合併して誕生した「ギーブス&ホークス(GIEVES&HAWKES)」。現在もサヴィルロウを代表するテーラーとして君臨しつつ、ジョージ3世の頃から、二百年余に渡り英国王室御用達(ロイヤルワラント)認可を受けています。

合併した経緯然り、ギーブス&ホークスもまた、超一流のオーダーメイドと、ブランドの普及としての既製服を両輪で展開しています。既製服に関しても、上述のサヴィルロウのテーラーよりも高めの価格帯となり、日本円で大体20万円前後。サヴィルロウのテーラーは既成ラインの価格を抑え目にする傾向があるものの、テーラーとしての格も感じさせます。

オンラインでは、YOOXおよびFARFETCHで購入可能。英国的な高級既成スーツが欲しい方には、オススメできます。

↓「GIEVES&HAWKES」をYOOXで覗いてみる!

YOOX.COM(ユークス)

↓「GIEVES&HAWKES」をFARFETCHで覗いてみる!

Farfetch:Linkshare:Affiliate:CPA:JP:JP
ブランド名ギーブス&ホークス(GIEVES&HAWKES)
創業年1975年
価格帯20万円前後
クオリティ★★★(既製服)
オススメ度★★★~★★★★

ハンツマン

「ハンツマン(HUNTSMAN)」は、サヴィルロウに拠点を置く中でも「ヘンリープール」と並ぶ最高峰のテーラー。創業1849年、スーツの歴史と共に歩んできたテーラーは、王侯貴族やエグゼクティブを中心に顧客を抱えています。国内でも高級百貨店でのオーダー会を中心に入手することが可能な他、ブランドとして既製服ラインも展開。

公式HPからハンツマンネームのスーツも購入可能。チェスターバリーやティモシーエベレストは既製服がそこまで高額ではありませんが、こちらは2,200ポンド~(1ポンド150円前後)となっており、内外価格差も考えると非常に高額。既成でもオーダーメイドでも、英国の最高峰に位置付けられるブランドです。中でも、一つボタンジャケットの美しさは必見。

HUNTSMAN 公式HPより引用

ちなみに、ハンツマンの店舗は映画「キングスマン」の舞台にもなっています。「キングスマン」ネームで既製服も販売しており、楽天市場やリシュモンが運営するMR.PORTERにて購入可能。余談ですが、映画の中でハリーが着ているシャツは「ターンブル&アッサー」、ネクタイは「ドレイクス」。

ブランド名ハンツマン(HUNTSMAN)
創業年1849年
価格帯2,200ポンド~
クオリティーーーーーー
オススメ度ーーーーーー

↓他国のメーカーも見てみたい方はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!

目次
閉じる