RING JACKET 公式HPより引用

こんにちは、しょるです。

こちらのページでは、【日本】の有名・一流・高級スーツブランド【14選】を、ご紹介させていただきます。

現代スーツの確立と開国~明治時代の脱亜入欧政策が重なったこともあり、日本のスーツは世界的に見ても歴史が古い部類です。国民性も相まって素晴らしい縫製技術を持ち、私たちの体型に合ったスーツを提供してくれるメーカーも多い

オーダーメイドの名店も多数存在しますが、入手性も考えて今回は既製服を中心に提供するメーカーをご紹介。特に、リングヂャケットリングヂャケットがOEM元になっているスーツはオススメですので、お見逃しなく!

目次

【おすすめ】日本のスーツブランド【14選】!有名・高級・一流を買うなら

ユニクロ(おすすめ)

Image Photo by Uniqlo

まずは、ご存じユニクロ(UNIQLO)。1984年、現在の会長である柳井正氏が親族の経営していた「小郡商事」を改称し、「ユニーク・クロージング・ウェアハウス」をオープンしたところから始まります。また、現在の名前は1988年に香港での法人登録時、会社登記の書類に「UNI-QLO」と書き間違えられたのを、柳井氏が気に入ったことに由来するそう。

カジュアル衣料はさておき、スーツに関しては専業メーカーと比べて圧倒的コスパを誇る訳ではありません。価格的に倍くらい出せば、ユニクロよりも良いものは買えます(それも贅沢な話ですが)。しかし、同価格帯のものと比べて「余計な装飾」がされていない分だけ評価できるのと、サイズ感の幅広さや高い入手性が長所

価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

ヒルトン(洋服の青山)(おすすめ)

Amazon公式HPより引用

洋服の青山は、「スーツ売り上げ世界No.1」のギネス記録を持つ青山商事の主力ショップ。高度経済成長期の都市開発と共にバイパス沿いに出店され、日本国民の生活を支えてきたメーカーです。価格は安い物で定価2万円、最高級ラインの ヒルトン(HILTON) で6、7万円。いずれのラインもサイズ展開が豊富

ヒルトンは同価格帯内では非常に優秀なスーツです。肩回り&首周りのフィッティングが良好で、後述の多くのブランドと比べても高いコスパを誇りますヒルトンの購入は公式オンラインストアか、楽天市場内にある「洋服の青山PLUS」という公式ショップがオススメ。

ヒルトン(HILTON)セットアップスーツ
created by Rinker
価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

ユニバーサルランゲージ(おすすめ)

UNIVERSAL LANGUAGE 公式HPより引用

ユニバーサルランゲージは、青山商事が展開するショップの中でも都市部を中心に出店しているザ・スーツカンパニーの上級ライン。「スーカン」は都会的なイメージによるブランド感もありますが、価格も洋服の青山よりやや高め。新卒や2、30代の若年層にも「ウケの良い」メーカーです。

上級ラインのユニバーサルランゲージに関しては、マシンメイドで4、5万円。ロロピアーナやゼニアの生地を使用したハンドメイドラインはスーツとしてのクオリティも高く、ハンドメイドスーツを比較的廉価で楽しめます。また、お手頃価格で本格的なオーダーが楽しめるユニバーサルランゲージメジャーズも見逃せません。

5~10万円の予算で、実用的なスーツを入手したいのであれば良い選択肢ではないでしょうか。ちなみに、オーダーメイドは選定する生地によって自ずとマシンメイドorハンドメイドが決まります。

ユニバーサルランゲージの購入は、Yahoo!ショッピング内のPayPayモールがオススメ。上級のハンドメイドラインも取り扱いがあるので、気になる方はぜひ覗いてみてください!

ユニバーサルランゲージ(UNIVERSAL LANGUAGE)セットアップスーツ
created by Rinker
価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

リングヂャケット(超おすすめ)

1954年、大阪の貝塚にて創業したリングヂャケット(RING JACKET)は、今回非常にオススメできるスーツブランド。ブランドのテーマとして「注文服のような既製服」を掲げており、既製服さながらオーダーメイドに近い構造のスーツを提供。最上級のコストパフォーマンスを誇り、リングヂャケットと分かるクラシカルなデザイン的特徴も兼ね備えています。

突出した縫製技術を誇り、後述のセレクトショップの上級ラインも手掛けています。また近年では、アジア圏やイタリアにも進出。リングヂャケットのクオリティに関しては、下記記事もご参照ください。

実店舗に加え、公式HP楽天市場にも公式オンラインストア&アウトレットがあり、ECショッピングも充実。特に楽天市場のアウトレットでは、通常レーベルが3万円台~、マイスターレーベルが7万円台~程度と、(サイズと色柄が気に入れば)非常にお得。

↓「RING JACKET」をGILTで覗いてみる!

 

↓「RING JACKET」を三越伊勢丹で覗いてみる!

三越伊勢丹オンラインストア

↓楽天市場に公式&アウトレットショップあり!

リングヂャケット(RING JACKET)セットアップスーツ
created by Rinker
価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

ビームス(上位ラインおすすめ)

ビームス(BEAMS)はアメカジブーム全盛期の1976年、「アメリカンカジュアルショップビームス」としてスタートしたセレクトショップ。以降、国内のセレクトショップの代表格として、国内外の様々なブランドを日本国内のファッショニスタへ広めてきました。

ビームスビームスハートといったカジュアル中心のラインをメインに展開する一方、ヨーロッパテイストを取り入れた大人のBEAMS Fブリッラ・ペル・イル・グストといったラインを展開。OEM元のリングヂャケットに準ずるクオリティを誇り、高品質なスーツを展開しています。

BEAMS 公式HPより引用

BEAMS Fブリッラ・ペル・イル・グスト のスーツに関しては、やはり公式オンラインがオススメ。オリジナルラインのスーツに加え、スティレラティーノやデ・ぺトリロといったオススメ度の高いブランドのスーツも販売しており、セレクトが非常に優れています。

↓BEAMSにて販売中!覗いてみてください!

BEAMS Online Shop

 

価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

ユナイテッドアローズ(上位ラインおすすめ)

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)は、日本最大手のセレクトショップ。ビームス一号店の店長でもあった重松理氏をはじめとする一派が、ワールドの出資を受けてビームスを離反し、1989年に開業。

当初は高級路線を歩んでいましたが、現在ではグリーンレーベルビューティー&ユース(ブルーレーベル)といった廉価レーベルも展開。それぞれ価格帯も異なりますが、いずれも価格に対してそれなりのスーツを作っています

UNITED ARROWS 公式HPより引用

一方、上級ラインのソブリンハウスでは、ビームスと同じく高品質なオリジナルラインのスーツを展開。現在ではリングヂャケットの他にも中国でのOEM製造のスーツもありますが、いずれも高いクオリティのスーツを顧客に提供しています。

ECでの販売は、Yahoo!ショッピングのPayPayモールが充実

↓Yahoo!が充実しています!

ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)セットアップスーツ
created by Rinker
価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

シップス(上位ラインおすすめ)

シップス(SHIPS)は1952年、アメ横にて創業した「三浦商店」に始まったセレクトショップ。1977年に「ミウラ&サンズ」を開業した一方で銀座にシップスを開業。ビームスやユナイテッドアローズと合わせて「御三家」とも呼ばれますが、他のセレクトショップと比べるとトラッドな雰囲気が特徴

シップスに関しては、比較的廉価なジャージージャケットと10万円弱のオリジナルラインのスーツ、その他ラルディーニのようなイタリアのブランドを販売しています。

SHIPS 公式HPより引用

オリジナルラインの中で高価格帯のスーツは、ハンドメイドラインと称したものやリングヂャケット製が中心。こちらも高いコストパフォーマンスを誇ります。購入は、こちらもYahoo!ショッピングのPayPayモールにてZOZOTOWNによる販売が充実しています。

↓Yahoo!が充実しています!

シップス(SHIPS)セットアップスーツ
created by Rinker
価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

トゥモローランド(上位ラインおすすめ)

トゥモローランド(TOMORROWLAND)は1978年創業、元々は下請けニットメーカーとして始まったセレクトショップ。フライやフランコミヌッチといったイタリアの最高峰ブランドの取り扱いがあり、オリジナルレーベルの価格帯もやや高め

スーツに関しても、他の大手セレクトショップのように廉価なレーベルがありません。中国の技術力ある工場に委託生産して販売しており、上質なラインナップが揃っています。

TOMORROWLAND 公式HPより引用

写真のスーツは、エルメネジルドゼニアの「14milmil14」を使用。仕立てもレベルが高く、既製服でSuper 190’sの超極細ウールを使用するのはレア。ただし、「14milmil14」は目付が165g/mしかなく、高温多湿の気候だとすぐダメになってしまうため、どの場面で使用するのか難しいところ。

↓「TOMORROWLAND」を三越伊勢丹で覗いてみる!

三越伊勢丹オンラインストア
価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

ストラスブルゴ(おすすめ)

ストラスブルゴ(STRASBURGO)は、1990年に立ち上げられたセレクトショップ。2020年に親会社のリデアが破綻したことを受け、現在は株式会社ワールドと日本政策投資銀行によるW&Dインベストメント、そして八木通商による民事再生スポンサー契約を締結が交わされ、経営再建に乗り出した格好です。

リデアはキートンやエドワードグリーン、クルチアーニといった、各分野で最高峰とされるブランドの輸入販売も行っていた企業で、ストラスブルゴでも上述のブランドが販売されています。魅力度の高いブランドを取り扱っていたことから、買い手が付いた結果となりました。

ハイランクの商品を販売しているセレクトショップゆえに、オリジナルレーベルのスーツに関してもハイクオリティ。三大都市圏(東京・大阪・名古屋)に8店舗と、決して大手というほどの規模ではありませんが、お近くの方は一度は覗いてみる価値アリのセレクトショップ。

価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

ダーバン

R-online The Shop より引用

ダーバン(D’URBAN)は倒産したレナウンから、オッジ・インターナショナルへと事業が売却されたブランド。レナウンは80年代、世界一の売上を誇ったアパレル企業であり、ダーバンはレナウンの主力ブランドとして、長きにわたり人気を博していました。かつてアラン・ドロンをCMに起用したブランドは、日本アパレル凋落の象徴のような存在に。

過去には、ヨウジヤマモトとコラボした「A.A.R」といったブランドも出しており、潜在的な技術力もあったと思います。現在も、日本製によるクオリティをアピールしていますが、(正直言えば)価格とブランド力、クオリティのバランスに苦戦しています。今後の復活に期待したいところですが・・・。

価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

タケオキクチ

菊池武夫は日本人メンズデザイナーの草分け的存在。元々はビギ(メンズビギ)で日本のメンズブランドとして初めてパリコレに参加し、DCブームを牽引していた一人でした。その後、1984年に株式会社ワールドに移籍し、タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)をローンチしました。

クラシカルながらデザイナーズらしい遊び心溢れるアイテムが多い中、スーツへのこだわりは強いブランドです。「J∞Quality」認可製品や、かつてはリングヂャケットとのコラボレーション、はたまたパーソナルオーダーサービスもあったりと、なかなか侮れない一面を覗かせます。

↓「タケオキクチ」を三越伊勢丹で覗いてみる!

三越伊勢丹オンラインストア
価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

五大陸

五大陸(Gotairiku)は大手アパレルメーカー、オンワード樫山の主力メンズブランド。いわゆる「百貨店ブランド」としてのイメージが強かったものの、近年は自社ECサイトであるオンワードクローゼットでも積極的に販売しています。価格は10万前後、リクルートスーツも6万円で販売するなど、なかなか強気な価格設定。

オンワードは近年、「KASHIYAMA」ブランドといったパーソナルサービスに乗り出しており、五大陸でもパターンメイドサービスを展開しています。量販店にない方針に舵を切るのは良いことだと思いますが、ユニバーサルランゲージの上級ラインやリングヂャケットといった、非常に優秀なブランドが競合となる点が問題。

価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

ニューヨーカー

株式会社ダイドーリミテッドが展開しているニューヨーカー(NEW YORKER)。ダイドーリミテッドはブランド事業の他に毛織物が有名で、ミリオンテックスといった有名生地を生産している企業。Jリーグの鹿島アントラーズにオフィシャルスーツを提供しているブランドでもあります。

ちなみに、ドイツの大衆向けカジュアルブランドNEW YORKER(公式サイト)という同名のブランドが存在し、国際的にはこちらが有名(商標権の関係上、同ブランドは日本には進出していません)。どちらもニューヨーカーではない点には触れてはいけないかも。

価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

エポカウォモ

三陽商会のメンズブランドであるエポカウォモ(EPOCA UOMO)。同社はバーバリーのライセンスが終了して以来、非常に苦戦が続いており、近年は国内の自社工場生産による高品質を積極的にアピールしています。

ブラックレーベルクレストブリッジもですが、確かに現在の三陽商会のスーツには相応にクオリティは高いと思います。下手なハイブランドよりも良いスーツは作っているのですが、どうしても海外の有名ブランドと比較した際、ブランド力の差で選ばれないことも多い。

一方、国産ブランドでは同価格帯にリングヂャケットやユニバーサルランゲージといったブランドが控えています。バランスが良いとも言えますが突出した要素もないため、なかなか選ばれずに苦戦しています。

価格
安い
高い
クオリティ
低い
高い
オススメ度
低い
高い

 

↓他国のメーカーも見てみたい方はこちら!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!

目次
閉じる