【2021春夏】ユニクロのレディースでオススメの服装&コーデ案!

【2021春夏】ユニクロのレディースでオススメの服装&コーデ案!

Image Photo by Uniqlo

こんにちは、しょるです。

今回は、ユニクロの2021春夏シーズンレディース編)。インライン(ユニクロ「U」や「+J」などではない普通のユニクロ)を中心に、あなたに合ったオススメのアイテム&コーデをご紹介

最初に言っておくと、綺麗なお姉さんコーデが中心です(理由は私の好みです)。

ご存じの通り、ユニクロはベーシックなアイテムだらけで、組み合わせが非常に重要になります。

ユニクロの会長である柳井正さんは、かつて「ブランドは虚像」と言い放ちました。ブランド品であることよりも「組み合わせて自分に合ったものを探したい」という欲求自体が高まっていると思います。

(服による自己表現というファッションそのものではなく)「普通なオシャレ」を味わいたいなら、ユニクロは確かにベストな手段かもしれません。どんな組み合わせをすればあなたらしく、またオシャレをアピールできるか。ユニクロを着る多くの人が関心のあるトピックではないでしょうか。

【自分に似合う服】骨格診断&パーソナルカラー診断とは?【ユニクロアプリ】

【こんな人に向いている】

・自分の身体の特徴がハッキリと分かっている人
・願望やバイアス抜きで、客観的な判断ができる人
自分を「普通なオシャレ」に見せたい人

ユニクロのアプリにも流行のパーソナル骨格診断カラー診断がありますが、これらはいわゆる「理想の女性像(とされているもの)」から離れている部分を「隠す」、良いとされている部分は「出す」という考えを元に作られています。

特にユニクロを選んでコーデをする方は「普通なオシャレ」を心がけている人が多いと思うので、全く無意味な指標ではない。服装で「自己表現をしたい!個性を出したい!」という人にとっては眉唾物ですが、「無難で普通で良い」を目指すことがゴールの人なら、一度は把握してみても良いのでは。

ちなみに、診断は公式アプリを開く→画面右下の「会員証」→「♬お楽しみコンテンツ」からできますよ。

ただ、自己診断は注意してください。自分の身体の特長を明確に分かっている人でなければ設問に答えられないのに、本当に自分に合ったもの知りたい人は、そもそも特徴が分かってない可能性が高いからです。全てAやBに当てはまる人など稀ですし、「どちらでもないかなぁ…」「分からない…」と思うほど、不正確な診断結果になります。

診断自体が「美」への欲求が強いことの証左ですが、あなた自身がタイプの隙間にあったり、ちょっとしたディテールで似合う似合わないが分かれたりするので、あまり気にし過ぎない方が良いと思います。星座占いと同じで、それ自体が楽しいのですけどね!!

【注意点①】骨格診断は特に「自分のバイアス」に気を付けて

骨格診断は主に「ストレート」「ナチュラル」「ウェーブ」と診断されるものです。かいつまんで言えば、立体感がある部分は装飾やふんわりとしたテクスチャーのアイテムを控える、また、華奢な部分は着飾り、ボリュームを出すことで「女性らしい」シルエットを演出する原理的にはたったこれだけです。

例えば首が長くない人は首周りが開いている服を着た方がバランスを整えられます。また、ヒップがあって膝下が細い人が、ヒップ部分からプリーツたっぷりのスカートを履いてしまうと膨らみ過ぎて、理想的な女性的シルエット(と思われているもの)に逆らう結果に。その場合、ストレートのスカートの方が(理想と言われる)シルエットを演出できる。

注意して欲しいのが、「こうなりたい」という心理が、自己診断には働きがちという点。日本人は自身への体型コンプレックスが強い民族だと思いますが(近代以降、西欧やアメリカに憧れ続けてきた歴史の産物でしょうか)、骨格診断やパーソナルカラー診断はタイプで優劣を決めるものではないということ、心に留めて下さいね。

あとは、稀にいる複合型。上半身がナチュラルタイプで下半身がストレートタイプなのに、全身ナチュラルタイプのオススメコーデをすると違和感があるかもしれません。あなたは脚だけ、腕だけ、首周りといった一部分だけ違うタイプかもしれません。3タイプの診断を見て、「自分のここのパーツはこうだ!」と把握した方が正確な診断になりますよ

一応、後述のオススメアイテムに関しては、パーソナル骨格診断はある程度考慮した上で紹介はしています。ただ、あくまで診断結果そのものというよりは、ご自身のパーツの特徴を鑑みて選んで下さいね。

【注意点②】パーソナルカラーは「顔の目立つ部分」にも気を付けて

パーソナルカラー診断は、肌が不健康そうに見えないように「イエベ」or「ブルべ」を診断して、それに逆らわないようなメイクや顔周りの服の色にするという話。

これは、「補色」という概念に基づいています。例えば、ベースの名前になっているイエローとブルーの絵具を混ぜると灰色っぽいくすんだ緑色になるのですが、これを肌の上に乗せると(何となく)黒ずんで不健康そうに見える。これを避けるために、あなたの瞳や肌といった要素に同系色や同彩度のメイクを施したり、服を着せたりするという考えです。

あえて黒く病的に見せる手段だってありますし、少なくともファッションに携わる人がこの指標を過信し過ぎるのは良くない。また、例外となる要素も沢山あります。例えば、スプリングタイプで軽い色が良いと診断された人が鼻や口が大きく、ベース型の輪郭だった場合、髪の毛を明るくすると顔の下半分に重心が集まってしまいますよね。

仮にあなたが診断通りに「健康そうに見せたい!」と思ったとしても、診断結果だけで全てセンスが良く見せられるというのは完全に妄想です。より細かく分かれていたりするサービスもあったり多種多様ですが、少なくともユニクロのアプリにある診断は、顔のパーツの大きさやバランス、髪型までには言及されてない点に注意しましょう。

次ページでは・・・

ユニクロ「カットソー&ブラウス」のおすすめ!

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!