Image Photo by Uniqlo

こんにちは、しょるです。

こちらでは、ユニクロU2021秋冬シーズンのメンズについてご紹介。ファッションデザイナー兼ブロガーの私が、今期の注目アイテム&どんな組み合わせで着ると良いか、提案する記事です。

今期のユニクロUは、一言でいうならばすっごく茶色いです(メンズは特に)。毎日の暮らしに対して実用性を追求した心地よく寄り添うコレクションとのことですが、様々なブラウンをベースにした上で必要なアイテムをチョイスし参りましょう。

正直、(レディースとは異なり)単品でこれは凄く注目している!というアイテムはありませんでした。その分、こういった人に向いているというものやコーデを解説して参ります。また、発売後にはより具体的なレビューを加筆して参りますので、今シーズンも宜しくお願いします。

↓通常ラインはこちらから!

目次

【2021秋冬】プロが選ぶ、ユニクロUメンズのおすすめ&コーデ!

フランネルワークジャケット&フランネルイージーワイドフィットパンツ

Image Photo by Uniqlo

  • 超クラシックな4つボタン&コテコテのワークテイストによるトレンドセットアップ
  • 洗濯機で洗えるユニクロ素材
  • 抜け感を出しつつインナーを見せたいなら、一番上のボタンだけを留める着方も◎
価格
7,990円+4,990円

まずは、 フランネルワークジャケット&フランネルイージーワイドフィットパンツのセットアップ。最大の特徴はジャケットのボタンが4つになっているところ。首元まで締まったVゾーンやストンと落ちるシルエット、パッチポケットや裏襟といったディテール、そして色が、ワークジャケット感を演出してくれています。

4つボタンのジャケットはスーツが誕生したとき~20世紀前半までは主流だったボタン数ですが、今では段返り3つボタンや2つボタンが主流になっています。4つボタンになると首元まで締まって「セクシーさやマスキュリンさに欠ける」という印象を与えますが、代わりに歴史に裏打ちされたクラシックさと、ある種の“緩さ”を感じさせてくれます

Image Photo by Uniqlo

フランネルイージーワイドフィットパンツ はウエスト全周がゴムになっており、完全にワンマイルウェア的な素材&ディテールになっています。背面のポケットもワーク仕様の形状で、セットアップだけでなくパテッドシャツジャケットオーバーサイズスタンドカラーシャツとも組み合わせも◎。

ちなみに、ジャケット&パンツ共に手洗い可。秋冬なのでそこまで汗をかくわけではないと思いますが、感動ジャケット同様にユニクロらしい手軽さが魅力。あわよくば、レディースのようにグリーンも出してほしかったと思います。

Styling Image

Image Photo by Uniqlo

こちらがセットアップ着用時。テーラードジャケットは一番下以外のボタンを留めるのが通例ですが、4つボタンや段返りでない3つボタンは、普通のテーラードジャケットに慣れていると違和感があると思います。

「詰まっている感がちょっと・・・」という方は、クルーネックTで差し色を使い、ボタンは留めないか一番上だけ留める着方をすると、クラシック過ぎず上手くガス抜きできます。ビジネススーツではないのだから、自由に着こなして良いのですよ。

オーバーサイズマウンテンパーカ

Image Photo by Uniqlo

  • 表面のコットンライクな生地感やマジックテープ不使用など、柔らかでナチュラル感を演出
  • 2、3年で撥水力が落ち、ボンディングも劣化するので長年愛用できるアイテムではない
  • シルエットが大きいので、冬はリサイクルダウンジャケットなどと組み合わせて保温性を確保
価格
12,990円

続いては、オーバーサイズマウンテンパーカ。(単なる好みを超えて)ユニクロのコストで「良いもの」を作るなら、こういったアイテムが向いていると毎シーズン思います。

「ブロックテックは毎シーズン愛用しているよ!」という人にとっては買い足すか賛否が分かれそうですが、インラインと比べてナチュラルなディテールが魅力。パッと見た際の止水ジップやマジックテープなどのケミカルさを彷彿とさせるディテールは廃され、ジッパーやスナップボタンが採用されています。

content-1

Image Photo by Uniqlo

一方、内部はユニクロらしい、ケミカル感あふれる機能性重視。ウレタン樹脂を貼り合わせ(ボンディング)することで防風性を確保し、表面には撥水加工も施してあります。

ちなみに、ブロックテック歴10年弱の立場から申し上げると、2、3シーズンほど着ると明らかに撥水力が落ちます。再度、撥水加工を施すことは可能ですが、テープ部分や裏側が劣化し、加水分解するので潔く諦めましょう

【オーバーサイズマウンテンパーカ】のインナーに、リサイクルダウンジャケットはアリ

Image Photo by Uniqlo

コーデに関しては、折角の防風効果もビッグシルエットだと体内に空気が流れ込んでしまうため、しっかり暖かいインナーのリサイクルダウンジャケットとの組み合わせをオススメ。マウンテンパーカが09 BLACK なら67 BLUEと組み合わせるも良し、35 BROWNなら、ダウンを08 DARK GRAYで締めるのも、同系色でまとめるのも良し。

かなり寒い地域の冬も乗り越えられるコーデで、今期のユニクロUのテーマでもある「重ね着」を上手く活用した形でもあります。2,3年でダメになるアイテムと、リサイクルされた素材のコーデというのはエシカルな観点からちょっと複雑な気もしますが・・・笑

デニムオーバーサイズシャツ(長袖)

Image Photo by Uniqlo

  • これぞワークアイテム、硬目の中厚地でタックアウト用のシャツ
  • デニムで上下まとめるも良し、インラインのヴィンテージチノとの組み合わせもオススメ
  • 冬のアウターは、インラインのウェーブキルトジャケットを提案したい
価格
3,990円

8月の発表時に既に発売している デニムオーバーサイズシャツ。シャンブレーシャツではなく中厚地のデニム生地で作られており、インナー用のシャツとデニムジャケットの中間的なシャツブルゾンです。

デニムジャケット程にはオーバーコートを着づらくはなく、ドレッシーさを(ある程度)意識した繊細なステッチワークです絶妙な中間感が「重ね着」を意識したアイテム展開なのでしょうね。

Image Photo by Uniqlo

09 BLACK、33 KHAKI、69 NAVYの3色展開。どれも結構良いので迷わせてくれますが、私みたいに装飾が増えてしまうのが嫌な方であれば、09BLACKにしてヴィンテージレギュラーフィットチノ57 OLIVEと合わせるかなと思います。公式スタイリング通り、33 KHAKIに黒デニムも良いですね。

【デニムオーバーサイズシャツ】のアウターには、ウルトラライトダウンウェーブキルトジャケット

Image Photo by Uniqlo

微妙に厚地で硬いデニムシャツを着てしまうと、冬のアウター選びに苦労してしまうと思います。個人的にオススメしたいのが、インラインで展開しているウルトラライトダウンウェーブキルトジャケット

キルトは(広義では)古代から存在しており、ヨーロッパの寒冷地で確立されてアメリカへと伝わりました。まさにユニクロUのヨーロピアン的ワークスタイルを逆から辿るようなバックボーンで、ワークスタイルに相性抜群なアウターです。価格も5,990円で廉価、見た目も悪くないですよね。

【パテッドシャツジャケット】も、同じ運用方法が可能

Image Photo by Uniqlo

デニムオーバーサイズシャツと同様の運用が、パテッドシャツジャケットも可能。さらに、こちらはナチュラルでありつつクリーンさが前面に出ているので、上述のオーバーサイズマウンテンパーカ やインラインのームレスダウンパーカとの相性も◎。

Image Photo by Uniqlo

サイドにポケットがあり、なかなか珍しい仕様です。ボタンもユニクロU伝統のナット調のもので、十分合格点な高級感。暑がりな人は暖房の効いた室内で、アウター&パテッドシャツジャケットまで脱いで軽快に過ごすのも良いのではないでしょうか。

スウェットパンツ

Image Photo by Uniqlo

  • 裏起毛で暖かく、冬のお出かけにもピッタリ
  • 生地がしっかりしており、スウェットらしからぬ重力感を実現
  • 38 DARK BROWNがオススメ、ユニクロUらしいミックス糸がシックさに華を添える
価格
3,990円

スウェットパンツも一見普通に見えつつ、随所に工夫を凝らしてユニクロUらしいナチュラルさを売りにしている一本。裏を起毛素材にして保温性を高めつつ、表はナチュラル感の強いスウェットパンツになっていますね。

また、裏の起毛も手伝って落ち感の強い一本になっており、ジャージの割に「ストン」としている素材感です。存外固いアイテムとの相性が良く、ヘロヘロっとした安物ジャージ感を思わせない造りになっています。

Image Photo by Uniqlo

38 DARK BROWNの表面。ユニクロUらしいミックスカラー糸が上品で、個人的にもこのカラーが良いと思います。トップスを黒にして、2色コーデでシックに纏めるとパンツの色も映えますよ

ワンマイルウェア×オーバーサイズトレンチで盛大に外す?

Image Photo by Uniqlo

ワンマイルウェアに合わせるアウターとして、レディースのオーバートレンチコートもアリです。サイズ感と言いディテールといい、明らかにメンズも着て下さいと言わんばかりのアイテムですが、こういった「お固い」アイテムの中身がワンマイルウェアというのもユニクロUならでは。

ちなみに、公式の説明文に「トレンチコートをミリタリーテイストにアレンジ」という文言がありますが、元々ミリタリーから来ているアイテムなのでアレンジではないような・・・まあ、細かいことは良いんですよね、きっと。

↓レディース&まとめ記事はこちらから!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!

目次
閉じる