URLをコピーする
URLをコピーしました!

・ファッションデザイナーかつ革靴マニアのプロが、 有名/一流/高級および本当に選ぶべき革靴ブランドをご紹介

世界の有名 、高級、一流のビジネスシューズブランドを日本編、中東欧編、英国編、イタリア編、その他編に分けて、 それぞれランキング形式で発表

その他、大まかな価格帯&オススメ度、最初に買うべきモデルなども紹介

VASS 公式HPより引用

こんにちは、しょるです。

「おしゃれは足元から」は至言ですが、どのくらいのものを買えば良いのか悩む方も多いのがビジネスシューズです。どれも同じようにも見えるし、分からない方にとっては悩みますよね。

そこで本日は、ファッションデザイナーかつ革靴マニアの私が、 世界の有名、高級、一流の革靴ブランドを日本編、中東欧編、英国編、イタリア編、その他編に分けてランキング形式でご紹介します スーツ編同様、 一部ブランドのオーダーを除き、全て持っているor既に手放した、あるいは試着したことあるものだけをご紹介しています。

良くあるような、ただブランドを並べているだけの記事ではありません。ブランドの成り立ちからサイズ感、どのような人向けなのかも書きました

また、ネットで靴を購入される場合は、サイズが心配だと思いますので、参考までに私のジャストサイズも併記しました。ちなみに人差し指の長いギリシャ型で、踵~人差し指の先端までが27.5cm、親指までが27cm、足幅の一番長い部分が10cm。

スタンスミスで27.5cm、クラークスのデザートブーツやワラビーでUK8.5のUS9、ドクターマーチンでUK9(ちょっと緩いけれど、マーチンは1センチ刻みしかない!)、大体の英国靴で8.5サイズです。購入を検討される場合の参考にしていただけたら幸いです。

それでは早速、参りましょう!

目次

【50選】世界の革靴ブランド!プロのおすすめランキング【ビジネスシューズ】

【日本】革靴ブランド【20選】!有名、高級、一流ビジネスシューズ【紳士靴】

日本の洋靴産業は明治の始まりと共にありますが、本格的に普及したのは戦後の「サラリーマンの装い」が一般的となった1950年代から。戦後の混乱の中、民間企業は軍靴の解体から(再)出発し、時代による機械化の波と共に多くのメーカーや職人が立ち消え、現代に至ります。

また、00年代以降、今日有名となったビスポークシューメーカーが、こぞって設立されたことも見逃せません。90年代からの不景気突入によって日本の終身雇用制度が幻想であることに気付かされた若者たちが、こぞって靴職人を目指した時期がありました。(マシンメイドの靴に慣れ切った社会においては)彼らは顧客にとって、特別な一足を作ってくれます。

日本の靴は、牛革を輸入に頼らなければならないこともあり、革質は同価格帯の英国やイタリアのブランドに一歩譲ります。その分、丁寧な縫製やつり込み、底付けや仕上げが光るブランドが多く独自性も高いことが特徴。

【中東欧】革靴ブランド【6選】!有名、高級、一流ビジネスシューズ【紳士靴】

日本編に続いて、(紳士靴の中心地である英国や米国、イタリアよりも先に)これら地域の有名靴ブランドを紹介させていただくのは訳があります。

今回ご紹介しているブランドは、総じて英国や米国の有名ブランドよりも数段、良い靴を作っているからです。

例えば東欧諸国の場合、全体的に産業革命が遅れ、さらにソビエト連邦の構成国家であったことから、機械化する資本やタイミングがないまま冷戦の終結と民主化を迎えました。

結果、冷戦後30年経った現在も、ハンドメイドによる靴がプロダクトの中心になっています。機械化の遅れで変わらずハンドメイドで作っていたことが、マシンメイドが当たり前となった”西側諸国”にディクローズされ、西欧や米国にはない独自の付加価値に。

いずれのブランドも、相当な靴好きでないとご存じないブランドだと思います。しかし、どれも優秀でオススメ度の高いメーカー揃いであることは間違いありません。

【英国】革靴ブランド【9選】!有名、高級、一流ビジネスシューズ【紳士靴】

(現在執筆中!)

【イタリア&スペイン】革靴ブランド【10選】有名、高級、一流ビジネスシューズ【紳士靴】

(現在執筆中!)

【アメリカ】 革靴ブランド【5選】有名、高級、一流ビジネスシューズ【紳士靴】

(現在執筆中!)

【ビジネスシューズ】どんなデザインの靴を買えばよい??色は??

ビジネスシューズの重要な点として、決められたデザインによって区分されていることが挙げられます。同じ用途目的のための「ユニフォーム」や「ラケット」を複数メーカーが出しているのと同じく、「ブランドA」も「ブランドB」も同じカテゴリーに属する靴を販売しています。

靴のデザインは大半が20世紀初頭に決められ、「この装いにはあの靴」「こういった場にははこの靴」といったドレスコードが制定されました。まさしく、スポーツのルールと同じです。

そして、ここでは最初に買うべき紳士靴の価格&デザインをご紹介。もちろん、同じジャンルの靴でも革質、造りの丁寧さ、そして靴の形状を決める木型(ラスト)など、ブランドによる個性はあります。決められた枠組みの中でいかに傑作に触れられるかも紳士靴界の醍醐味ですよ。

【おすすめデザイン①】紳士靴の基本【内羽根ストレートチップ】

BRITISH MADE 楽天市場店より引用

まずご紹介するのが、内羽根ストレートチップというタイプの靴。つま先に横一文字のキャップが被せられていることが特徴で、キャップトウとも呼ばれますが、紳士靴の最も基本の形にして、冠婚葬祭にも対応するフォーマルな靴です。

内羽根(オックスフォード)とは、靴紐を通す穴部分のパーツが足の甲部分の革に対して、内側に位置するものを指します。ヴィクトリア王朝時代のアルバータ公が考案したとされ、ルーツからもフォーマル度が高い。

フォーマルシーン向けのデザインなので、あまりデニム等とは合わせません。スーツはダークスーツにソリッドタイといった厳かな装いはもちろん、シャドーストライプやピンヘッドのスーツ、ライトブルーの無地シャツやドット柄のネクタイなど、冠婚葬祭~少しドレスダウンした組み合わせに良いですよ

【おすすめデザイン②】コーデの幅とサイズ調節がし易い【外羽根プレーントウ】

BRITISH MADE 楽天市場店より引用

続いては、外羽根プレーントウ。キャップトウと比べても、更にシンプルですよね。plain(装飾の無い)toe(つま先)という意味で、広義では全体的に穴飾り等が何もないデザインの靴を指します。

外羽根(ダービー)というのは、靴紐を通すペロペロした部分(羽根)が足の甲部分の革に対して、上から後付けされているものを指します。軍用靴がルーツとされ、ワークブーツを経てビジネスシューズに導入されました。また、外羽根はサイズ調節の自由度が高いため、甲が高い人も合わせやすいことも特徴。

内羽根式に比べるとフォーマル度は下がりますが、アメリカでは舗装路が普及する1920年頃まではレッドウィングなどをスーツに合わせていたそうです。無地に加え、ストライプやチェックのスーツやシャツと合わせてもOK

【おすすめデザイン③】 脱ぎ履きしやすくスタイリッシュ【Vフロントダービー】

BRITISH MADE 楽天市場店より引用

最後に、Vフロントダービー。物凄くメジャーという訳ではないのですが、外羽根プレーントウの一種です。しかし、先ほどの外羽根プレーントウと比べると、正面(フロント)から見たときに、羽根がV字を描く&外羽根を英語でダービー(derby)と呼ぶことから、こう呼ばれます。

メーカーやモデルによって異なりますが、紐を通す穴(アイレット)が2列(2ホール)か3列(3ホール)しかないので、日本の屋内外で脱ぎ履きする環境に適しています。見た目も外羽根プレーントゥの中で別格のドレッシー感があり、無地のダークスーツと合わせも大丈夫

【ちなみに】色は何色を選べば良い?【最初の3足は、全て黒で良い】

表題の通りですが、最初の3足は全て黒でOK。茶色やバーガンディといったカラーもファンが大勢いらっしゃると思いますが、上述のフォーマル度は全て黒であることを前提に話しています。たとえ、ストレートチップでも、黒以外は冠婚葬祭には向きません

また、ビジネスのコーディネートは靴に対して鞄やベルト、出来れば財布も色を統一した方が良いですよ。そのため、最初は黒から揃えて、4、5足目から茶色を購入すると良いと思います

おわりに:良い靴を履く以上に、磨いて手入れをすることが大事!

いかがでしたでしょうか。

今回は予算にバラツキを持たせつつ、本当にオススメできる革靴ブランドを紹介した後、国ごとに有名なブランドについても言及しました。価格差こそあれ、今回オススメした靴はどこへ行っても恥ずかしくないブランドです。

そして、良い靴の真価を発揮するのは、ちゃんと手入れをすること。あまり革質が低すぎる靴では磨いても光らないという問題がありますが、今回ご紹介したレべルであれば手入れのし甲斐はあると思います。

え?肝心な手入れはどうやってするのかって??

メンテって結構情報が錯綜して、中には不必要なものまで沢山氾濫しています。ということで最低限、私が初心者でもできるメンテをご紹介します!

↓疑問を解決したいあなたは…こちら!!

【これだけでOK】ビジネスシューズのメンテナンス方法と必要アイテム(執筆中)

SHOLL(しょる)
皆さまこんにちは。“SHOLLWORKS”運営者のSHOLL(しょる)と申します。

1987年、山梨県甲府市生まれ。国内デザイナーズブランドを経て、ファッションコングロマリットのメガブランドでデザイナー職を経験。

現在は東京在住、デザイナー含め様々な事業に携わっています。

シェアお願いします!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

目次
閉じる