キプリス(CYPRIS)の評判&おすすめレビュー【財布・革小物】

キプリス(CYPRIS)の評判&おすすめをレビュー【財布・革小物】

ハッキリと言おう。もし、あなたが「これ見よがし」なブランドロゴばばーんなアイテムではなく、シンプルで高品質な財布バッグ、その他革小物をお求めなら、このキプリスは非常に素晴らしいブランドであるということを。

公式オンラインストアは、こちらのバナーから!

こんにちは、しょるです。

本日は日本を代表する革小物ブランド、キプリス(CYPRIS)についてのご紹介。

私、いわゆるロゴマークどどーんな財布、使ったことがありません。それに近いブランドで働いていたこともありましたが、自分で買うとなると無縁でした。

キプリスは、そんな私と同じような人のためのブランド。ロゴの主張よりもシンプルで価格以上の品質を誇る。そんな革小物をお求めの方には、とても良いメーカーではないでしょうか。

キプリスは1995年、母体となる株式会社モルフォと共に立ち上げられたブランドです。社名およびブランド名は、主に南北アメリカに生息する「モルフォ蝶属」の中で一際美しいとされる、キプリスモルフォから名付けられました。

キプリスモルフォは、青く宝石のような輝きを放つ蝶。(私を含め)特に昆虫に造詣が深くない方でも、図鑑や標本で見たことがあるかもしれません。キプリス製品はタイムレスでベーシックなデザインでありつつ、繊細なディテールと品質の高さが魅力です。

キプリスモルフォ蝶 アクリルフレーム入り 標本
created by Rinker

【優れた点】キプリス(Cypris)の評判と購入方法【微妙な点】

製品品質、特に造りのレベルは随一
高価格帯ブランドの中では高コスパ
直営店はないが、公式オンラインと百貨店で取り扱いがあり

私が思うキプリスの優れた点は3つ。特に、技術的なレベルの高さは特筆事項です。

日本鞄ハンドバッグ協会認定の、革小物一級技術認定職人の多くがキプリスに所属していることからも、国内(どころか世界的にも)随一のレベルを誇ります。

キプリスの品質:特に「造り」が素晴らしく、様々な革を用いたハイランクな製品

CYPRIS 公式HPより引用

写真の財布の角は、菊寄せという革を何層にも重ねてカーブさせる技術を駆使しています。シワを均一に逃がせないと革がダルダルにってしまうので、菊の花のように重ねることによって美しく纏めています

菊寄せをするためには、カーブで重ねる部分を更に薄く漉(す)く必要があります。漉いた革の厚さは0.02mm、新聞紙の半分の薄さしかありません。

私が使用していた写真のジルサンダーは45°で一折。これも見た目は綺麗ですが、柔らかいディアスキン(鹿革)の財布なので、角が立っていると(いずれ)潰れてしまいます。

(1、2年で買い替えるなら大丈夫ですが)こういった仕様は手間が掛かかるため、デザイナーズブランドには導入が難しい。知名度向上のための(莫大な)広告費や、デザイナーへの人件費等を回収できなくなるからです。

CYPRIS 公式HPより引用

縫製技術の高さも特徴。縫い返しは(一般的な服作りと同様)2枚の革の表側を内側にして縫い合わせた後に、革をめくって表を外側にする工程。ミシンステッチが隠れるため、クリーンな見た目になります。

CYPRIS 公式HPより引用

こちらは忍び縫いといって、あらかじめ革端を余らせて漉(す)いておき、余った部分を内側の革へ縁(へり)返して被せることでステッチを隠す技術。接着だけでなく、中でキチンと縫い合わせているので耐久性も高くなります。

あくまで一例ですが、これらはごく一部のブランドにのみ掛けられるような手間です。ブランドの知名度よりも造りの良さを味わいたいのであれば、キプリスは良い選択ではないでしょうか。

また、キプリスは世界中からの原皮を活かした製品づくりを、各ラインナップに揃えています。例えば、中心ラインナップのシラサギレザーは北欧産の原皮、レーニアカーフは希少な国産牛(食牛は殆どが輸入のため、国産の原皮は非常に希少)の原皮を使用といった具合です。

https://basic.cypris.co.jp/mens/

上のURL(キプリス公式)の“PRODUCTS”にある通り、多様なラインナップを擁しています。

革も動物や使用する部位によって特性が異なるので、それぞれ適したアイテムや縫製方法も異なりますが、多様な展開を可能にするためには、色々な作り方ができる人材が必要。さり気なくシリーズとして展開していますが、技術力に長けた職人が多数いない限り、このような展開はできません。

高価格帯のメーカーの中では高コスパ

キプリスはハイブランドはもちろん、同等品質の専業革小物ブランドと比べてもリーズナブルな価格設定です。同じ国産、クオリティも近いブランドとしてはガンゾ(GANZO)土屋鞄製造所が挙げられますが、それらと比べても良心的な価格設定であることも特徴。

例えば、表側がブライドルレザーの長財布(ファスナー小銭入れあり)であれば、

キプリス37,400円
ガンゾ42,900円
土屋鞄製造所39,600円

といった具合。いずれも英 J&E セドウィック社によるブライドルレザーを使用し、概ね縫製コストも同等程度です。土屋鞄製造所とは微差に思えますが、キプリスは内側に使用している革がルーガショルダー、土屋鞄製造所は通常のヌメ革が使われています。素材のコスト差を考えると、もう少し差があると思われます。

FRAME オンラインストアより引用

ちなみに、英国を代表する革小物ブランドであるホワイトハウスコックスの販売価格は63,800円。関税や代理店も関係してか、かなりの高価格になっています。

ただ、造りの丁寧さは価格は必ずしも比例しません。先述の「菊寄せ」は日本のブランド特有の技ですが、見ての通り角の処理には大分差がありますよね。

尤も、ホワイトハウスコックスの他にもグレンロイヤルエッティンガーといったブランドにも英国的な格式高いブランドイメージと魅力があるため、どちらを優先するかという価値観の差によるチョイスになります。

キプリスはどこで買える?→百貨店かECサイト、特に公式オンラインは修理無料サービスもありオススメ

「キプリスをどこで買えば良いの??」という疑問については、下記をご参照ください。概ね、3種類の入手手段があります。

・全国の大手百貨店(伊勢丹、高島屋など)
・公式オンラインショップ
・大手ECサイト(Amazon/楽天市場/Yahoo!ショッピング)

また、「この中で、どれが一番お得なの??」という疑問に対しては、公式オンラインショップで購入するメリットが大きいことを強調させてください。大手ECサイトは便利ですが、そもそもキプリスはセールに掛からないので、販売価格は同じになります。

また、PayPay&TポイントユーザーならYahoo!ショッピングのポイントバックが大きいと思いますが、ノンユーザーならオンラインストアにも5%のポイントバックがあります。革小物を揃えたり、ポイントでケアグッズを購入するのもアリ。

その上、プレゼントの際にはギフトラッピングにも対応していたり、1年間の無料修理サービスアウトレット品公式限定販売品もあったりと、オンラインストアには、それなりの「お得要素」が詰まっています(一応、そういったサービスが不要な方にも向けて、後述のオススメシリーズ紹介には各ECサイトのリンクも張っておきます)。

公式オンラインストアは、こちらのバナーから!

【ハッキリと言います】キプリスが微妙な点

・対外的なブランディングに弱い

キプリスの製品はむちゃくちゃクオリティは高く、しかも競合と比べても安い。しかし、残念ながらオンラインショップの広告が悪い意味で「日本メーカー感」から抜け出せない。この問題に関しては、下のバナーリンクからTOPページをご覧いただければ分かると思います。

確かに現状、日本の顧客層を大切にすることは多くの国産メーカーにとって重要です。キプリスは16年連続で百貨店バイヤーズ賞の革製品部門を受賞しているブランドで、つまりは長らく国内の百貨店を主戦場にしてきました。全国各地の伊勢丹高島屋で取扱いがある一方、オンラインストアのバナーは少しブランド感が薄い。

ノイジャパンという企業がキプリスの公式オンラインショップを担っているのですが、「風水」「幸運の刻印」といった方向性で、10年、20年後に市場が拡大する可能性があるかと言えば、NOですよね。

もっと言えば、日本にルーツの無い方にどうやって訴求するのか。私は凋落する国内大手メーカーにも、3大コングロマリットのブランドにもいたからこそ痛感しました。対外的にも訴求できるブランディング(さらには、それを可能とする人材の確保)こそ、結果として日本メーカーの秀でた技術を守ることに他ならない

こちらの記事でも触れましたが、日本は今後高齢化し、人口が減少し、貧しくなる国です。富裕層の絶対数こそ(まだ)多い国ですが、日本の市場価値は、これからも低下し続けます。そして、今まで買い支えてきた層もファッションから離れる日は必ずやってきます。

2010年の売り上げ海外比率が僅か5%だったユニクロですら、海外の売り上げが国内を追い越す時代です。国内市場が縮小し続ける以上、これからのブランドの生存戦略は「海外に(も)売れるか」に掛かっています。

それはたとえ、今後も日本国内を主戦場にし続けるとしてもです。消費者は良いイメージさえあれば、ブランドの出身国など関係なく買うのですから。いずれにせよ、職人を大切にしているメーカーだからこそ、全力で売りに行かなければならないと私は考えます。

これからの時代は、「モノさえ良ければイメージがダサくて良い」という言い訳は通用しません。グローバルスタンダードに達した上で、独自性を出せるブランドでなければ生き残れないのではないでしょうか。

次ページでは・・・

それでも良い!「キプリスおすすめシリーズは?」

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!