【ビデイル】バブアーの評判、オイルドジャケットおすすめ【Barbour】

【ビデイル】バブアーの評判、オイルドジャケットおすすめ【Barbour】

クラシカルで長年愛着を持てるアウターを求めている人にピッタリのブランド

こんにちは。本日はバブアー(Barbour)というブランドのご紹介。

全く知らない方に向けて簡単に説明させていただくと、バブアーは綿生地にオイルを染み込ませたオイルドクロスのアウターが非常に有名な英国ブランド。クラシカルで格があり、値段も高すぎないアウターをお探しの方。そして、手入れをしながら長年愛着を沸かせたい人にピッタリです。

コットン生地にオイルを含ませることで防風性や防水性を確保しており、春秋から冬にかけて着られます。ゴアテックスやダウンといった機能的なアイテムが普及した現在、比較すると何とも「ローテク」ですが、そこがまた魅力的な部分になっています。

バブアー公式HPより引用

クラシックなトレンドが席巻している現在、バブアーもまた勢いに乗るブランドのひとつです。長い歴史の中でヴィンテージマニアの心もくすぐり続ける一方、近年ではエンジニアードガーメンツマーガレットハウエルといったブランドとのコラボレーションや、大手セレクトショップの別注品も多数揃えています。

ヴィンテージ好きもブランド好きも、さらには手入れによって愛着を沸かせられる人にも向いていて、しかも都会でも田舎でも似合う。至る所で着られるので、一着持っているととてつもなく便利なジャケットです。少なくともファストファッションにはない魅力を備えたブランドではないでしょうか。

本日はバブアーについてのご紹介と、あなたの価値観やライフスタイルに則した選択、そしてブランディングの価値にも触れたいと思います。本日も宜しくお願いします!

バブアーの背景、歴史、ブランドについて

バブアー公式HPより引用

バブアーが誕生したのは英国イングランドの北東部にある、サウスシールズという地域。このサウスシールズを含む英国東海岸から北ヨーロッパの北海を囲む地域は、中世からタラニシン漁が盛んでした。英国の代表的な料理であるフィッシュアンドチップスも、これらのフライ料理です。

15世紀頃になると塩漬け製法が確立され、魚の保存食が長期航海を可能にしました。大航海時代の幕開けは、まずスペインやポルトガルを、続いて英国を世界の覇権国に押し上げました。この時代は、漁業が国力に対して大きな貢献をしていたそうです。

そして、衣類もまた地域産業と深く結びついています。産業革命を経た近現代。極寒の北海沿岸地域で働く漁師や港湾労働者のために防寒性・防水性を高め考案された生地が、綿生地にオイルを塗りたぐったオイルドクロスでした。ナイロンタフタゴアテックスが生まれる時代以前に考案された、歴史と地域性によって誕生した製法です。

バブアー公式HPより引用

そんな地域でバブアーが誕生したのが1894年。ジョン=バブアーという人物が開業しました。

この頃のデザイナーやメゾンといったものは、まだ女性のものでした。「紳士服」の世界では、スーツなどが形作られると同時に「モード」とは別の、特定の気候や条件での労働環境に適した製品を提供するメーカーが誕生します。バブアーもそんな「実用的」紳士服メーカーのひとつでした。

やがて、「ファッション」とは無縁であったバブアーの、耐久性や防水性といった機能面が広く注目されるようになります。狩猟などのアウトドアモータースポーツ、そして、二度の世界大戦で英国軍に採用されていくことで、やがて国内外にその名が知れ渡るようになりました。

また、バブアーを語る上で欠かせないのが、ロイヤルワラントと言われる英王室御用達の認可です。バブアーはこの認可を与えられるエリザベス二世(英国国家元首)、チャールズ英皇太子、そして先日故人となったエディンバラ公フィリップを含め、3人から認可を受けています。この事実は、バブアーのブランドイメージを大きく向上させました。

エリザベス二世からは1982年、エディンバラ公からは1974年、チャールズ英皇太子からは1987年に認可を受け、ワラントの数でヴィンテージ品の製造年代も大別されます。そういった長い歴史の中で培われたマイルストーンもまた、マニアの心をくすぐる要素です。

「英国王室御用達」-知られざるロイヤルワラントの世界- 長谷川 喜美 著(平凡社新書)
created by Rinker

バブアーは(都市ではなく)地方特有の歴史と環境から生まれ、英王室御用達という背景も活かして国際的なブランディングに成功した。私たち日本人の苦手とするブランディングが、バブアーには凝縮されているように思えます。

経済的な停滞と今後の人口減少。少なくとも2つの面で斜陽国家となる日本において、私はソフトパワーに基づいたブランディングビジネスの展開こそ、非常に重要な産業となり得ると思います。

日本は戦後、経済成長最優先で都市開発がされ、結果として全国どこへ行っても同じようなバイパス沿いにイオンモールやユニクロ、食品チェーン店が並ぶようになりました。確かに、それは非常に便利です。多くの国と異なりどこへ行っても安価でおいしいものは食べられますし、移動だってしやすい。私も地方出身なので、大きく恩恵を受けてきました。

しかし、地方の人口減少が顕著になり、また経済的な影響力も下がる一方になる今後、いつまでも経済成長的モデルを引きずって良い国ではない。「バブルの残り香」にすがり続けて凋落したアパレル企業と同じく、この世に「変わらないこと」ほどリスクが高く危ないことはありません。国全体が、街および産業づくりに関して方向性を変えなければならない。

どこに行っても同じ風景ということは、そこでなくてはならない理由がないということです。私は、魅力的な地方都市文化の創生および産業の(リ)ブランディングこそ、これからの日本に必要な要素だと考えています。地方はいい加減に東京の真似をやめて、京都のような独自性を前面に出すべきではないでしょうか。

次ページでは・・・

「バブアーの代表的モデルをご紹介!」

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアお願いします!